かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

【引きこもり癌患者マンガNO6】ブサイクを超えるものとは?

スポーツ観戦が 大好きなんじゃけど

私は運動神経というものが欠落していて、と言うより、イラストを描くのが楽しいと言っている私が、スポーツ上手な訳がないのでございます。

 だから幼い頃から、余り真面目にスポーツに取り組んだ経験がありません。

 

昔はスポーツをすると、道徳的に正しく強い心が育つと教育されていました。

一つの目標に向かって協力し、努力を惜しまず自らを鍛える姿に、そういう感情が込められていたんだろうと思います。 

 

それなのに、もう相撲界では不祥事があったり、何のために行われたか分からない様な会見があったり。

レスリングでは 監督と教え子のパワハラ騒動、プロ野球でも未成年がお酒やたばこ、以前は賭博や、禁止薬物をライバルに飲ませた事件もあったなあ~。

今朝はボクシングで体重オーバーと、もうルールがルールでなくなっているじゃん!

 

なんだかスポーツをすると、世間の常識が、常識でなくなったりするのかな?

嫉妬やわがままや、上下関係に辟易するのかな?実力主義の世界だから、実力者になると、ちょっと普通の人の想像を超える様な事を考える様になるのかな?

情緒に影響が出る様な、辛い思いをするのかな?

 

せっかくオリンピックで感動したけれど、ちょっと興ざめするニュースにガッカリしました。人間って、弱い生き物よね(´;ω;`)

 

引きこもりマンガNO6

前回の続きです。

 

余りにブサイクになった私が(これホンマ)、少し立ち直る様子を描きました。

詳細はまた最後に記します。

10ページあります。

 

ブサイクを超えるものとは?

f:id:kozikokozirou:20180302100259j:plain

f:id:kozikokozirou:20180302100346j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180302100403j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180302100420j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180302100438j:plain

f:id:kozikokozirou:20180302100452j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180302100511j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180302100527j:plain

f:id:kozikokozirou:20180302100547j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180302102617j:plain

 

 

ずっと以前に描いたDさんのエピソードマンガを貼っておきます。

もしご覧になっていなければ、どうぞ読んでみて下さいね。

まだ4作目です。イラストがヘタクソですね(笑)

 

おほほほほ(笑)

テルマエロマエ先生」との不倫じゃないぞ~!!

ニヤニヤしたんは事実じゃけど、おなごなら 優しいハグに弱いよぅのぉ~!

おっと~も知っとるど~!!マンガも読んでもらったど~!!褒めてもらったど~!!

(でもおっと~は、テルマエロマエ先生にはお会いした事がないので、どんな先生か、ちょっと気にしておるww)

 

なんだか、だんだん私が「かこさん」じゃなくて、「かこさんキャラクター」になってます!私はこんなにいつもニコニコじゃないし、優しくもないですよ。

娘に八つ当たりをして怒りまくったり、私に尽くす母親を遠ざけたり、いつも読んで下さっている方はご存じでしょう。

人間だもの~(*^。^*)

 

事実と比較して

マンガですから ページ以内で表現するには、時期をまとめたり エピソードの過程を省略する事があります。了承のうえで説明しますね。

 

私がマンガの様に「笑顔と幸せな心は、ブサイクを超える」と感じられるまでには、やはり長い時間が必要でした。

元もと決して美人ではありませんが、少しでも綺麗にしておきたいのが女性です。短期間の容姿の変化が受け入れられるには、もっと様々な経験の積み重ねが必要と思います。お若い方には特に、受け入れるのは難しい事でしょう。

 

ただ事実として、私は様々な方から「笑顔」を褒めて頂きました。「私が笑顔でいられるから幸せ」なのか、「幸せだから笑顔」なのかは分かりません。

 

例えば美人の担当の看護師さん。

一人ではありませんが看護師さん達は、私が痛みに耐える顔を沢山見ています。情けなさで 泣いてしまった事もあります。それでも、ちょっとした瞬間の笑顔を褒めて下さる、心優しい方々でした。

人を介護したり力添えをする職業の方は、その相手を褒める事がどれほど重要か、その人の人生を変えるくらい大切だと経験しました。

 

例えばDさんの奥様。

私は決してDさんの長い話を「造り笑顔で無理をしながら」聞いていません。もしかしたら露骨に「なんじゃ?このオヤジ!」と言う顔で聞いていた事でしょう。

それでも時々に加わる奥様との会話は楽しく、その様子で褒めて下さったと思います。

奥様も素敵な方だったのですよ。

 

もちろん どの方も、私が最高潮にブサイクなので、他に褒める言葉が無かったのかも知れませんねぇ(笑)

その点親友は、大病の割に笑っていた私の顔を見て、素直な感想を言ってくれたのでしょう。「ええ顔」って、美人には使わん言葉じゃもんね!

 

 世の中のストレスだらけだけど

私は結婚してから、産休以外はずっと有職主婦でした。ですから世に溢れている仕事でのストレスは十分理解できます。なんやらかんやらで、愛想笑いに疲れたり、もしかしたら一日中 仏頂面で、仕事をしていた経験もあります。

 

でも やっぱり 人の笑顔って良いですよね。

カーリングのお嬢様達の 明るい笑顔!幸せを頂けますよね!

小平選手と韓国の選手の、涙の抱擁も素晴らしかった!!私も もらい泣き!両選手の今後の活躍を願わずにいられません。

それでもやっぱり、表彰台のニコニコ笑顔には、魅力が溢れていましたよ。

 

私の「へらぁ」「うへへへへ」笑顔も同様です。

仕事が大変だったり、一生懸命の泣き顔も良いかも知れないけど、人の笑顔は美しい!

そして私を笑顔にしてくれる、沢山の方々に感謝です。

 

 

お読みいただいて ありがとうございました。

マンガを描くことが、私の生活の楽しみです。読んで下さる方にお礼をお伝えします。

 

3月の終わりごろ、息子が大学を卒業して自宅へ帰って来るそうです。就職先が地元ですから、その方が安心なのでしょう。

その為に部屋をどうするかなぁ?困ったなぁ~!部屋が足りない!

不安半分、嬉しさ・・・??

 

ではでは、また来週に更新できますように!

ありがとうございました(^.^)/~~~

 

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ