かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

障害者の社会的活動の希望を、いとも簡単に抹殺しちゃうお話

この数週間、やる気ゼロ~のわたくし。

朝からずっとパジャマのままの日もあったりして、もう立派な引きこもり!

このままババアになって、年老いて腐ってやる!

 

その原因が以下の通り。

相変わらず長いので、興味のない方はすっ飛ばしてくださいマセ。

                

 

そのミチで食えるか?

先日のお話

私の友人が訪ねてきた。高校2年生のお子さんが話題のメイン。

「絵を描くのが大好き」で、美術系の大学か専門学校に進学したいと言う。おっと~の家業をご存じなので、相談に来られたのだ。

 

お子さんが描いた、デッサンや油絵を見せて頂いた。

スマホの画面上で拝見したので肉眼ではないのだが、高校生が描くにしては驚くほど上手。女性デッサンのフォルムも、毛髪やセーターの網目一つも丁寧に描かれる。石膏デッサンもあったが、首の流れが美しい構図で、空気感がある。

 

確かに絵画を学びたかろうと、お子さんの気持ちが伝わってくる。美術の先生も美大推しで、才能があると明言して下さったそうだ。

 

私が出来る助言は無いけれど、強いてあげれば、美大受験は時間や構図が限られた実技試験なので(時間は3~6時間程度、構図はくじ引き)「受験には受験の描き方」がある。それを習う為に、美大専門の予備校に通わせたらどうかと伝えた。

 

しかし友人は、お子さんの実力や合否の心配もあるが、金銭的な絡みも複雑である。

美大は特に国公立が限られており、有名私立美大は入試倍率が高い。カープ県に美大は無く、美術学科が関の山、それでも何故か人気だと言う。

そのうえ学費や画材費など、他の私立大学より何割か高額らしい。

 

友人はワンオペである。お子さんの学費や生活費はもちろんだが、その高額な(予備校代も含めて)学費に見合う職業はあるのか?という不安を訴えた。

 

美術を学び、「美術で食えるか?」

 

そのミチで、食い続けていけるのか?

おっと~に聞いてみる。開口一番

「絵の上手い奴なんて、ゴマンといる」

 

例えば日本最高峰の東京藝大の美術学部には、毎年約240人ほど合格するらしい。

数だけ聞けば少ないか?しかしそれが何年続いているんだ?

現役世代で区切ってみても、30年間で約7200人の卒業生が世に出た計算だ。他にも有名私立美大等を含めると、毎年何千人と美術を学ぶ大学から「そのミチ」を目指した学生が卒業する。

 

その卒業生の何人が「そのミチ」で食えるか?食い続けていけるのか?

みなさんは、7200人の現役芸術家か、それ関係の仕事人をご存じか?

 

どのミチか?

「そのミチ」が「どのミチか?」と言われると、個人差があるだろう。

例えばデザイン科を卒業して、デザイナーになれば成功か?

 

しかし私の経験上、新人のデザイナーはもれなく 1g 1円均一 大豚肉フェアー などの「泥臭い安売りチラシ」や、避妊具マッサージ器などの「大人の通販ページ」を手掛ける。それだって立派なデザイナーの仕事だ。世に出れば良いが「折り曲げ厳禁シール」だったり、聞いた事のない「商品タグ」などをデザインする、地味な日々が続く。

 

コンドームの小分け袋を「私のデザインなの」と言ってお子さんが見せた時に、親が「高い金払って美大に通わせて良かった!」と喜べるかどうか?難しい問題だ。

 

もちろん上記は、美大に限った話ではない。

例えば日本の代表校、東京大学は毎年3100人以上が合格する。4年制だから単純に、東京大学の現役学生は12400人!「頭のいい奴なんか、ゴマンといる」訳だ。

その中で誰が「そのミチ」で成功を納め、「そのミチ」でしっかりと食い、誰がひっそりと消えるのか?

 

そういう法則が分かっていれば苦労はしないのだが、実は先日、その法則に法った確実な条件が、私に突き付けられる。

 

何が起きたか?

上記が前置きだから、私のブログは長すぎるww

 

実は少し前に、用事があって市役所の「障害福祉課」を訪ねた。その時に私の事情をお話して、私に務まる「仕事」が無いか?とお尋ね申し上げたのだ。

 

就労の目的は金銭のみならず、癌の寛解を迎えて、私の社会的活動の出発点になるとも考えたからだ。

 

【息子は独立したが、娘は14歳受験生と先は長く、おっと~は62歳の年金予備軍である。私の収入があっても足りない位だが、もちろん私は健康的にも、かなりの悪条件であると認めた上での相談である】

 

・53歳女性。元癌患者。(5年間再発していないので、癌は寛解と言える)

・失音障害(声を失っている)と嚥下障害が残る。声は人工喉頭器を使用。日常は特に経管栄養(腸ろう)の必要があり、時間は13時間拘束である。

・資格や就業歴はあるが、この5年は療養生活で、引きこもり状態である。

 

仕事の内容は問いません。金銭的な希望もありません。内職歓迎です!

「障害者」で「やや病人」ですが、明朗活発、資格も経験も御座いますので、ひとつ わたくし、いかがでしょう?

 

まぁ結論から言うと、あっという間に

「この市内には、ありません」と断言。

※この市内ってのがミソ!都会ならあるのか?

 

私が「就労する為」には、先ず「医者の診断書」が必要なのだそうだ。

週に何日くらい、一日何時間くらい働けるか?ハローワークに提出用の「診断書」を持参する事。そしてその診断書には、労働の基準を明記してもらう事。

(例えば私の場合は、意思疎通は出来るが、電話の応答が出来ないなど)

 

もし「診断書」より条件(病状)が悪くなれば、直ちに就労契約解除されても文句は言えない。

もちろん就労に、資格や経験と学歴などは、全く必要ない。

 

しかも私は、一般的な「障害者枠」希望者として就労企業を探す事になるのだが、私の障害内容は「障害者枠の基準」にも届かないらしい。

(はっきり「失声だから」とか、「腸ろう拘束時間が長いから」とは言われなかったが、そういう事だと推測する)

 

ゴマンといる就労希望者

今の日本、年齢的にも職業的にも環境的にも、就労希望者はゴマンといる。

イヤ「就労した方が良い人達」とも言えるかも知れない。

 

5080問題に代表される、中高年で支援が必要な引きこもり者ですら、実はゴマンと存在すると話題になったばかりだ。若者の就職離れや生活保護者の増加は、留まるところなし、介護失業者はその介護が終了した後はどうするのだ?

 

そうして「ゴマン」といる就労希望者の中で、誰が「そのミチ」で(なくても良いから)就職先を決め、しっかりと食い繋ぎ、誰がひっそりと消えるのか?

 

ハッキリと分かった!

生き残る法則は、何はなくとも「健康」なのであ~る!

もうこうなったら、やる気も根気も資格も経験も、な~んにも関係ないもんね!

健康だったら(贅沢言わなきゃ)仕事はあるんだってさ!!

健康なら、相談くらいは乗ってくれるんだってさ!!

 

け ん こ う!!

 

市役所の担当者の言う事にゃ‥

一応、市役所の名誉の為にも言っておくが、彼女は「ハローワーク」に電話して下さった。そして私の状態や条件を報告して、就労状況を確認して下さったのだが、ほんの数分後にはお断りを頂くという結果に至ったのだ。

 

ほんの数分で、私の社会的活動の希望は、抹殺決定!

53歳にて、社会的引退勧告。

 

私「では私が今後、就労しようと思ったら、どうすればよろしいんですかね?」

担当「・・・以前 お勤めの企業は?」

 

もはや私の社会性は、過去のコネクションに頼るしか、受け入れ先はないらしい。

 

私「仕事の内容も料金も、条件は無いのですが・・・」

担当「・・・かこさんは、とても朗らかで前向きな方ですから、頑張って下さいね」

 

褒めるとこ、そこだけか~い!

会話、終わらせとるじゃないか~い!

な~~にが働き方改革じゃ!!

 

 

まぁ考えてみれば、当たり前なのかも知れません。国が障害者雇用を水増ししてんだもん、わたくしごときに、仕事なんか有る訳がございません。

わたしゃ、もう社会的なゴミみたいな存在って事だもんね!病人は家で寝とれってか?どんどん引きこもってやる!!医療費ドンドン使って、寝込んで長生きしてやる!!不健康を誇ってやる!!

日本は医療費に困っちまえ!!

 

コネクションもなく、健康でもない人は、やる気や学歴や経験や資格があっても、市役所行って社会活動の相談をしたり、仕事を探しても、無駄ですよってさ!!

そこのあなた!病気になっとる場合じゃないよ!あっという間に仕事が無くなって、引きこもるしかなくなるから!!

 

これで良いのか?日本!!

f:id:kozikokozirou:20190709140811j:plain

 

ふ~~~んだ!!

3300文字!愚痴書いてやったぜ!

 

私の社会的活動の継続方法や就労について、誰か良いアイデアお持ちの方は、コメントください。厚労省の方のコメント待ってます。 

 

 

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ