かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

初診から手術まで

祝!!3年 生きたぞ~~~!!!

今日は手術記念日! なんじゃそりゃ?! そう3年前の今日、私は20時間の手術を耐えたのじゃ! 3カ所の癌を切除し、声を失い、永久気管孔と腸ろうのお世話になり始めた記念日でございます!! まる3年間、無事に生きておるぞ!! ど~だ!ど~だ!奇跡み…

病院のお母さんでした ソーシャルワーカーの方々

10月になっても日中は半袖ですね。 衣替えをしようにも、雨降り、暑い、台風。。。で後延ばしの天候です。 喜ばしくは娘の二の腕! 長袖の中にしまい込むには、勿体ない程のご立派さで、そのぷにぷに感の虜です。 親なら一度は かじってみたくないだろうか?…

インフォームドコンセント

もうすっかり定着した感のインフォームドコンセントという言葉。 簡単に言えば、 私(患者)が担当先生方(医療従事者)に病状や治療の説明を十分受けたうえで、 「わかりました。元気になる為に、お薬も飲みます。手術や検査もします」 と合意して従うか、 …

私を生かせてくれた医療チームは、軽く100名は超えます!

昨日は呼吸がひゅ~ひゅ~していたのですが、肺炎や治療の記憶を思い出して、気分が下向きになったからじゃないか?と思います。 私はカープ出身なので、幼いころから戦争の体験を聞く機会が、おそらく日本のどこよりも多かったと思います。 語りべの方々が…

声を失う手術か?放射線治療か?

おっと~が腰を抜かした「告知」から少しの間をおいて、抗がん剤の効果がありだしたころ、私とおっと~は新たな選択肢を迫られました。 ※これから記すことは、私の病状や年齢など個人に限ったことで、全ての食道がんや咽頭がん、肺がんの方に当てはまるわけ…

癌告知と共に 「発声機能を失う」 人生を左右する出来事

人生の中で、その後の生き方を左右するような出来事が、いくつくらいあるのか考えてみたことはあるでしょうか? 例えば、お若い方だと「受験の合否」とか「就職」「結婚」とか?。。。 私くらいの年の方だと、自分のことよりも家族の事情、例えば「子育て」…

抗がん剤のエピソード 口内炎編

毎日ブログを記すことも楽しいのですが、 他の方が書かれたブログを読む楽しさを知りました。 読者にさせてもらっている方が何人かいらっしゃるのですが、どの方も英知に溢れて興味深く、日々の思いをユーモア交えて更新して下さっています。 息子と同じ年く…

抗がん剤のエピソード 血管逃げる編

今日も雨!台風だけど我が家の地方は、普通の大雨程度。 しかし、娘の学校は休校! 普通の授業がある今日は、休校! 同じ大雨警報でも運動会は中止しない! ざんぶりの中、走ったり泥まみれの校庭に寝そべって組体操をさせる。 いくら台風だからって、おかし…

抗がん剤のエピソード 丸坊主編

昨日は娘の、小学校生活最後の運動会。。。 雨が降らなかった、最初の20分だけは! その後、中止になる昼食まで、ほぼ降りっぱなし!! 大雨警報が出ているのに、あの雨で中止にならないのなら、雨天延期の意味は? 健康な方々の集いは、時々私には辛い。。…

癌の告知って。。。

今朝の teshteshtesh3 さんからのコメントありがとうございます。 私の場合、食後のダンピング症状は、下手をすると毎日のように襲ってきますので、本当に困っています。 食道がん、胃がん族の皆様! ぜひ!個別の症状やオリジナルの改善方法をコメントくだ…

こんな症状でした

話題があっちへふらふら、こっちへふらふら・・・ いかにもブログ初心者で申し訳ございませぬ。 今日から少し、順を追って病気や声を失った経緯について記したいと思います。 ちょうど、かっきり3年前の9月6日。 数年前から、アレルギー等で起こる喘息症…