かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

脳を騙してんのかな? 平然とウソを付ける人たち(障害者雇用水増し問題)

皆さま ご機嫌いかがでしょうか?

私こと、日々根性のない毎日を過ごしておりますが、前回の長~い愚痴に対して、沢山のコメントやDMを頂きました。食道癌のサバイバー生存率まで捜してくださった方まで(keimokaさんありがとう!!)、有難い事でございます!

 

考えてみれば、娘のお爺ちゃんが若かった時代には、日本国民の命が「片道の燃料しか積まずに飛行機に乗って、燃料が切れたら敵に突っ込め」くらいに軽かったのですから、(それと比較しようもありませんが)私のたった一人の命に付き合って下さる方々に、お礼の言葉が見つかりません。

 

心を込めて ありがとうを伝えます。

 

「脳を騙す」と効果があるらしい

ブログで情報発信をして下さる方の中には、とても興味深い記事を掲載されている方が多く、少し言及させていただきます。(ユレオさん 勝手にスイマセン)

 

 

記事によりますと、「お薬は効くと思って飲めば効く」

詳細は読んで頂きたいのですが、もしかしたら殆どの方の経験に当てはまる要素があるのではないかと、少なからず衝撃を受けました。

 

「脳を騙す」効果についてです。

 

私は術後すぐの頃、自分で痛み止めの投与ボタンを押していました。詳細はややこしいので省きますが、痛い時にそのボタンを患者自身が押すと、痛み止めが点滴を通して投与される仕組みになっています。

 

痛い時はガジガジ押しました。

5分おきくらいにでも押します。

夜中にヒーヒー押します。

 

ところが後で聞いた話によると、いくら押したって、投与間隔は決まっています。(最低でも30分は時間を開けるとか・・・)そして患者が、どのくらいの頻度で押しているか?その記録が残り、痛みに対する患者のストレス指数に換算されます。

 

冷静に考えてみたら当たり前ですが、とにかくボタンを押せば、何となく痛みが遠のく様な「気がした」記憶があります。脳が騙されているんでしょうね。

 

イヤ、騙されて欲しいのか?(だって痛いんだもん)

 

癌の後遺症による障害者申請

話は飛躍しますが、癌は昨今、二人に一人が患う病と言われます。

ですから現在では、生命保険や障害の申請は思っているより厳しいと、再確認して頂いた方が良いと思います。(癌保険も色々と条件や保証期間が厳しいので、CMに騙されちゃイカン)

 

例えば抗がん剤の副作用で多い、髪が抜けて生えてこないとか、味覚障害が残ったとか、汗や唾液の分泌が極端に減る・・・等では障害者手帳はもらえません。

摂食に障害の残る私の腸ろうなども、障害者手帳には該当しません。当然、カツラや腸ろうポンプ、電動ベットや点滴棒などの生活必需品も、補助には当たりません。

 

特に癌の場合は、「末期」状態と診断されてから、ようやっと様々な補助が受けられると介護福祉サービスの方から伺いました。それまでの治療費は、ビックリするほど高額だと思って頂いても良いと思います。とても「高額医療費」の範囲内では収まらず、全額自腹(入院中の食費や個室など)で頭を抱えます。

 

お金は 間違いなく 必要です。

出来るだけ仕事を続ける必要があったり、雇用を願う方が多い理由も納得が出来ます。

 

脳が 騙されてんじゃないの?

さて、昨今のニュースでご存じの方も多いでしょうが、とにかく人間は、平然とウソを付ける生き物の様で、全く持って平然とウソを申される方が多いのに驚きます。

 

例えば「省庁及び地方自治体等の公的機関において、障害者手帳の交付に至らないなど障害者に該当しない者を障害者として雇用している」問題。

障害者雇用水増し問題 - Wikipedia

 

私は障害者に、48歳の11月25日付けで なりました。

自分が重度の癌患者で、命を選択する為には後遺症は致し方ない。という状況が自分自身の身に降りかかると、それはそれは、一生忘れられない衝撃を受けます。

 

私は48歳まで健常者でしたので、産まれ付き障害のある方や、事件事故等で障害が残られた方のお気持ちは計り知れませんが、少なくとも病気が要因で「障害者手帳が交付される」現状を受け入れるには、人生観を違う方向へ向ける必要がありました。

 

障害者雇用とは、本来なら私の様な障害者が、治療費や生活費などの自立を目指して、「自己申告」の上で雇用の場に付き、そして国も率先してその就労に協力しようというシステムだと思うのですが、

 

その自己申告を 本人が「忘れます」かね???

「確認もしないで」雇いますかね???

何年も据え置きますかね???

 

もう役人 脳を騙してんじゃねぇの???

 

私も脳を騙して 生きる事にする

他にも免震制振装置のデータ改ざん不正問題だって、全国レベルで、凄い数の建物が対象で、身勝手な理由で嘘ばっかり付いちゃって、どんどん取り付けちゃって、責任者にウソの自覚がないとしか思えない。

  

人の命は、娘のお爺ちゃんの時代に戻っちゃったのかしら?

もう脳ミソ どうにかしちゃったんじゃないの??

関係者は自分で自分の脳を騙して、痛みをとってんじゃないの???

 

でもその痛みは、心の痛みじゃない様な気がする。

ただのご都合主義じゃん!

 

騙して楽になるのなら、私も脳ミソ騙して癌や後遺症や障害と付き合っていこうかな~と思う今日この頃です。痛みを感じないのでしょうから!

 

思いっきり嫌味です。

どうして日本は 暴動が起きないのだろう?

 

娘とおっと~のお話

Twitterでアップしました。

 

f:id:kozikokozirou:20181026124450j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181026124504j:plain

おっと~も 脳ミソ 騙してんのかな?www

 

長い文章に付き合って頂いて ありがとうございました。

私は元気ですww 安心してくださいね!「じゃったら・・・」漫画、描いてますw

 

月曜日に癌サバイバー前の、最後の検査(内視鏡)に行ってきます。朝早いので前泊です。ちょっとネットが出来ないかな?

頑張って検査を受けてきますね。

 

(※ユレオさん 違う方向にブログの記事を使用しまして、ゴメンなさいね)

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ