かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

臓器移植などの大きな手術の後、本当に大切な事を マンガにしてみた

テレビを見ているのが辛い

もう皆様ご存じ、日本だけでなく国際問題にまで発展しそうな「大相撲の暴力問題」です。(日馬富士の事件と言いたくない程、私は心を痛めておる)

 

テレビのプロデューサーさんとコメンテーターの方のエンターテインメントに付き合っていると、本来の問題じゃないところまで、まるでサスペンス映画の様です。

私の感想を語るにも、真実がどこにあるのか不明です。

だから 願いは一つだけ!

 

引退だけは 未来ある青年の 将来に関わる大事だけは 勘弁してやってください。

 

被害者がいらっしゃる事ですから、被害者の方の意向もございましょうが、どうか執行猶予を与えてあげて欲しいと思います。

 

一生 暴力は振るわせません!

酒は 飲ませませんから!

私の応援のちからで 誓わせます!

 

臓器移植を受けられた 10代の患者さん

漫画製作が第6弾となりました。

 

前回「臓器移植を待っておられるEさん」を載せました。

マンガを描き始めてから色々な反響をいただき、沢山のカラースターやブックマークなど恐縮です。ありがとうごさいます。心からお礼を申し上げます。

 

私のブログ程度ではございますが、読んで下さる方へ無責任な表現が出来ないと痛感します。マイナスなコメントが有りませんので、優しい方ばかりが読んで下さっているのでしょうね、きっと!

 

今回はEさんのお隣のFさんの話題にしようかと考えましたが、途中から変更しました。その理由などの詳細は、いつもの様にマンガの後に記します。

まずは読んでみてください。

今回は9ページです。

 

医療ソーシャルワーカーのQさん

 

f:id:kozikokozirou:20171125104620j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125104650j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125104729j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125121144j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125104834j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125104900j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125104927j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125104947j:plain

f:id:kozikokozirou:20171125105012j:plain

いかがだったでしょうか?

ラストのページの「サザエさん

ご覧になった方も多いと思いますが、サザエさんもその後の人生はご存じの通り。私のシャレと思って頂けたら幸いです。著作権の侵害にはならないですよね?

 

その他のイラストは、写真を参考にしたり無料イラストを利用したり、様々です。

ドクターヘリは画像の加工です。とても詳細に描けません。医療器具も描きましたが詳細は適当ですから、正確ではありません。

 

事実と比較して

今回のマンガは事実と比較するというより、私の思いを込めました。

 

私は長い闘病入院の間に、健常な方ではありえない様な経験をしています。

以前、臨床試験に臨まれた90歳の患者さんのエピソードを描きましたが

上記参照)同じくテレビの話題になる様な10代の方の臓器移植患者さんが、お隣に入院されていました。

 

もちろん私はお顔も拝見していません。

ただ私を担当して下さった医療ソーシャルワーカーのQさんが、その患者さんも担当されていて、お隣と行ったり来たりされていました。

マンガでのエピソードは、その時にQさんとしたほんの少しの会話を、私が膨らませて表現しました。今でもネットでその患者さんの情報は残っていますので、あえて詳細は省きました。

 

私が描きたかったこと

本来はマンガを読んで感じて頂くことですけど、少し説明させてください。

 

このエピソードは、男性でも女性でも 10代であろうとお年を召した方であろうと 通じる事として読んでいただきたかったです。

移植を受けられた方が10代ですから、印象的なページは「高校生の1ページ」を描きましたが、本当は大きな病気を経験されて、手術や治療を終えられた後の、その後の人生の大切さを描きたかったのです。

 

10代で大きな病気を経験されると、青春のページが病院や治療で埋まりかねないと、そこまでは誰でも考えます。

時に健康な方は、治療や手術が成功すると、それで「万事が上手くいく」と思いがちです。私も癌さえ取り除けば、健康な心身が取り戻せると思っていました。

 

しかし、もし私の様に大きな障害が残ったり、治療に限界があったり、療養の間にしたくても出来なかった様な経験がある患者さんが、たとえ健康を取り戻しても、心身ともに以前の状態に戻れることは、並大抵の努力ではありません。

 

様々なスペシャリストの方々のサポートや、家族や友人知人はもちろん、同僚 学友 先生 ママ友 近所の方々 道行くみなさん、社会全体の理解と手助けが必要です。

 

決して病気を盾に取っているのではなく、患者も助けて頂いた恩をしっかり理解したうえで、これからの残された人生をどのように過ごすか、命を大切に生きていける様に、自分にも言い聞かせる為にも、(今回はFさんでなく)このエピソードを取り上げました。

 

今日で私は、術後4年が経ちました。

転移も再発もなく、後遺症とも気長に上手く付き合って元気です。ちょっと奇跡!

偶然にもおっと~は、61歳の誕生日です。

これからも息子や娘に支えられながら、おっと~と二人で末永く幸せに暮らします。皆様にも感謝を申し上げて、今日はお寿司を注文しますw

 

 

読んで下さってありがとうございました。

最近入院中の父親の所に行くために、少し時間を要します。コメントの返信が少し遅くなったり、ブログの訪問が出来ない事があったので、ごめんなさい。

脳梗塞の父親も厳しい状態ですが、医療の進歩と言ってい良いのか?生かされています。複雑な思いで顔を見ています。もう笑いません。痛みを感じる様な顔ばかりです。

 

では、また来週(@^^)/~~~