かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

マンガで表現する 私が経験した「病は気から病」の方 NO・2

最初に!!

内視鏡の結果、異常なし!!

わはははははは\(^o^)/

長生きするど!!!

 

※シャント手術(声を出す為の再手術)は、12月に耳鼻咽頭科の先生と要相談。

(おっさん様 コメント下記に)

 

※ちなつちゃん カニューレについて、メッセージがあります。

コメントを読んでくださいね!

 

「絶望型」のBさん

早速ですが、マンガを読んでいただきたいと思います。前回同様に、私の経験した「気持ちによって、病を克服できないでいる状態の方々」➡「病は気から病」をマンガで表現しました。10ページあります。

説明等はいつもの通り、マンガ終了後に記します。

 

ラストは正直に描きました。

余りハッピーではありませんので、気分が優れなかった場合はお許しください。

f:id:kozikokozirou:20171026125204j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125236j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125359j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125502j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125524j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125609j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125642j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125737j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125804j:plain

f:id:kozikokozirou:20171026125831j:plain

 

事実と違うところと イラストについて

私の様に消化器科系の病気を患う方は、殆どが痩せ型か病気で痩せてしまわれます。

Bさんも非常に小柄な痩せた方でした。しかしキャラクターを痩せて表現すると、私の画力の問題でギスギスした感じになり、彼女の優しい心が伝わりません。

あえてパッチリ目のふくよかな女性にしました。

 

Bさんのご家族が言い争うシーンは、実際は奥さんは一度もお見舞いに来られていません。息子さんであろう方が「奥さんの言葉を代弁」されているであろう言葉が聞こえましたので、マンガでは奥さんを登場させました。

 

ラストの印象的な言葉は、マンガでは私が出向いたことになっていますが、実際は私の退院が近くなったころ、私の部屋へ彼女が訪ねてくれました。

 

その他は、ほぼ事実に基づいています。

 

 アルブレヒト・デューラー作の「祈りの手」は、本来の作品のエピソードとは違いますが、Bさんが私に生きる様にと伝えた思いやりは、「祈りの手」の持つ意味と同じように感じましたので、簡単な模写で表現しました。

イラストはプロの作品を参考にしたり、写真などを使用しました。

 

病気の悪化や家族の反応

Bさんが夜中に発症した「食道狭窄」とは、食道がんの手術に「胃管再建」などの処置が行われた場合、よく起こる後遺症で想定の範囲内です。

対応の難しさは余りなく、内視鏡などで患部を広げる処置が行われます。

私は未経験ですが、同じような症状でも元気に退院されるケースを見ました。

 

ところがBさんの場合は、食事をもどしたショックが大きく、後遺症が繰り返されるかも知れないとの懸念から、相当落ち込んでおられました。

 

ご家族も同様で、九州からご家族でお見舞いに来られるのは、時間もお金も掛かります。また後遺症が繰り返された場合(これもよくある事です)、一人暮らしが不安な状態になります。その場合は九州での同居や通院の苦労など、本人はもとよりご家族の混乱は、想像にたやすいと思います。

 

また当時、我が家の息子も大学受験でした。もし私の病気が息子の人生を狂わせたらどうしようかと、私の病状より心配事でした。(無事第一志望に合格)

高校と大学受験の娘さんがおられるBさんのご家族を、責められる方はおられるでしょうか?

 

その後

Bさんはご家族の希望を受け入れられて、退院を大幅に伸ばされました。

私は息子の私立の試験が済んだ2月の終わりに退院しましたから、Bさんのその後を知りません。

 

私は、Bさんになんと言葉を掛ければ良かったのでしょう?

絶望されている病気の方に、病人の私は言葉が見つからず、ただBさんの嘆きを聞くだけで、何も出来ませんでした。今でも正しい言葉は見つかりません。

声が出ない事に、感謝したくらいです。情けない。

 

大切な方の死を経験され、そのお迎えを希望される様な患者さんを励ます程の、壮絶な思いやりを、私は持ち合わせていなかったのではないかと自問自答します。なかなか出来る事ではありませんでした。

 

 

お読みいただいてありがとうございました。 

感想が届くのを楽しみにしています。

次週は少しハッピーな退院を描きたいと思います。

 

近況

ここからは私の日常です。

カープが負けました。

まさかまさかまさかまさかまさかまさか×1000 イヤ ×1000000・・・

 

まだショック過ぎて、「来年に期待」と言えません。日本シリーズが観られませんわ。横浜‥‥さぞかし嬉しかろう。゚(゚´Д`゚)゚。

 

カープ選手には感謝と愛を❤

 

ガラッと気分が天国へ行きます。

夢にまで見た 安芸場所に行ってきます。

人生の夢が 一つ叶います!

 

これを作りました。

f:id:kozikokozirou:20171026134355j:plain

私は声が出せませんので、これで応援してきます。

(ええオバハンが、なに作っとんねん!って言わんでな!)

 

ドキドキする!もう眠れん!!

うひゃうひゃうひゃうひゃ(*´▽`*)

 

ではまた来週(@^^)/~~~

感想を載せますねww

 

PS/コメントの返事やブログを拝読するのが遅くなってます。お相撲が済んだら、また引きこもりますので、その時にゆっくり訪問させてください。

 

   にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ   にほんブログ村 家族ブログへ