かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

引きこもりだった 私のお話を マンガにしてみる NO1

大雪らしいが、カープ県は ただの曇り

昨日から、朝から、東京近郊の大雪の話をどこでも かしこでも やっている。

テレビの必要性を感じない!

 

長~~~い中継!アホちゃうか?ビルの雪や、転げる人の画像を見て、何が楽しい?

これが大事故とか、先の大震災のような情報なら理解するけれど、カープ県のわたくしに、何の必要性があっての 長~いニュースなんじゃろう?

サクッと説明すりゃぁ、ええん違うん??

 

小室哲哉さんの引退のニュースで、報道の在り方に言及する記事を沢山目にします。センテンススプリングの情報リークについても ザワツイテますが、ホント、その情報が必要かどうか?キッチリ考えようぞ!

 

数字ばかりが評価じゃない!!

 

マンガ 第何弾になったんじゃろう?

初めてご覧になる方がいらっしゃったら申し訳ないのですが、私はフトした事で、生まれて初めてマンガを描いてみたら「ハマってしまって」、それをブログに投稿させて頂いています。

 

最初は、長い闘病生活で経験した「病は気から」病をテーマに、描き始めました。その途中で父親との確執について表現させて頂いたり、前回は高岡ヨシさん原作の作品をマンガにさせていただきました。

 

今回から少しの間、「病は気から」病からの→「引きこもりだった私」をテーマに描こうと思います。

 

私は術後、約2年に渡る引きこもりを経験しました。ブログを始める前です。

私も立派な「病は気から」病でした。

今でも腸ろう(腸にチューブを通して、そこからポンプで栄養補給をする)による点滴が、約15時間かかりますので、ほぼ引きこもりではあります。

 

でも当時と 気持ちが全く違います。

心も持ちようと言うのかな?

 

その気持ちは、一度きりでは表現できない様々な変化があり、何度かに分けて連載マンガで描いてみようと思います。興味がない方には申し訳ない!!

 

今回は第一回です

9ページあります。

※登場するQさんは、私が手術を受けた病院の「ソーシャルワーカー(相談員)」の方です。下記のマンガに登場した方です

 

 

「術後の引きこもり」

f:id:kozikokozirou:20180123120322j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123132734j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180123120356j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180123120419j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120442j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120514j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120542j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120612j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180123120642j:plain

 

以上です。

ご注意ですが、昨今のガンの治療方法はさまざまで、私は副作用や後遺症もありましたが、総ての方が同じではありません。

 

私のガンについて

何度かご覧になって下さっている方はご存じなのですが、私は4年前に「咽頭がん」から「食道がん」に移行する「多発性がん」が発見されました。

 

オマケに「肺がん」もありまして、発見から3週間するかしないかで抗がん剤が始まり、2クールを経て「食道と下咽頭、全摘出」と、その部分に胃を管にしてつなげる「胃管再生手術」を受けています。

 

また咽頭がんの部分に「小腸」を移植して、喉の中央に「永久気管孔」という穴を形成し、気管と繋げて呼吸をしています。

肺がんは、癌の部分を切り取り右下葉全摘出です。

 

その他にも血管移植や甲状腺摘出や、腸ろうにドレーンなど、もう書きませんが、フランケンシュタインの様な身体ですw

 

後遺症の代表は、「音声機能そう失」という、声帯を摘出した為に 声を失った事。

口から食物を、余り摂取出来ない「摂食障がい」等々。

「声の代り」は「人工喉頭器」という人利器を、喉の部分に当てて話します。

その声が「抑揚のない機械音」なので、ご存じない方は驚かれます。

 

5年生存率は20~25%でしたけど、現在4年目!

今でも前向きに 生きておりますw

再発も 転移もしていません。

そこが一番、大切じゃねヽ(^o^)丿

だからこそ 引きこもっていた時代を、振り返ってみようと思います。同じ気分を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今週からお知らせ

実は、今週からスターマークを取り外しました(*´▽`*)

マンガを描き出してから、もう勿体ないほどスターマークを頂いて、どれだけ励まされたか分かりません!感謝を改めて申し上げます。

 

本当に、ほんとうにありがとうございます。

 

私は、もうずいぶん前から、下記ブログの読者であり、約一カ月ほど前に心臓の手術を受けたはる君の回復を、毎朝毎晩、神棚にお祈りしています。

 

www.calmin.org

 

はる君のママが記されているブログですが、ご家族の祈る様なお気持ちに、心底共感する私は、毎回スターをポチポチと押して、「星に願い」をかけています。

 

出来ましたら、私のブログをご覧になられる方が、私に押してくださるスターの分を、はる君とはる君のご家族にポチポチと、「星に願い」をかけて頂けたらと思いました。

 

どうか はる君が 回復しますように!

※はる君ママ(CALMIN)さん 勝手に言及スイマセン!

 

では、次回は引きこもり状態を考え直すきっかけになった「保険屋さんとのやりとり」をマンガにしてみます。

保険はシビアです。金の切れ目が、生死を分ける??

 

読んでいただいてありがとうございました。

では、また来週(^.^)/~~~

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ