かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

腸ろうの差し込み口が、うっかりしてたら痛ててててててててて~~再び!

絶対に疲れです!

この数日、私にとっては眠りが浅く、トイレに度々行ったり、ふっと目が覚めたり、うつらうつらとイヤな朝を向かえていました。

ちょっとやる気も活力もなかったかなぁ。。。

 

そうしましたら、やっちまったぞ!

腸ろうのカテーテル差し込み口が

(おへそから左斜め上に10センチ位の場所)

痛いぞ~~~!

 

腹筋辺りの筋トレをした後の様に

動かすごとに、どんよりとした痛み

お腹全体にじわじわ痛いぞ~!

 

腸ろうを続けて早や三年!慣れっこです

経管栄養なんて、健康な方々にとっては終末医療みたいで、殆どの方が同情的ですけど、やってる本人は至って平気です。

 

食べて胃が痛くなるよりマシだもんね~~

やる気(食べる気)がない時は腸ろうに頼ろう~

お陰様で痩せないから助かってます!!

 

って、私はこんな程度です。

 

食後のダンピングや、飛び上がるほどの逆流性食道炎を経験された方は、少しご理解いただけるのではないでしょうか?

何とか食事が喉を通ったところで、水分摂取が難しいのです。(下を向くと出てしまう、お腹に力を入れると出てしまう、喉に溜まって出てしまう・・・)

 

食べる事が嫌いなわけではないですよ。ただ、無理をして食べようとしても、体の構造が受け付けなくなっているので、腸ろうに助けてもらっているのです。

 

考えてみれば、医療用の立派なサプリメント(?)でカロリー補給をしている訳ですから、タンパク質が補給できない欠点を除けば、栄養価は十分です。

貧血もコレステロールも基準値です。

 

意識ある激痛の中でも、最高レベル

頂いたコメントの中には、腸ろう用カテーテルをしばらく交換しなくても良い方がいらっしゃいました!素晴らしい!

でも私の場合は、皮膚が弱いのか(気味が悪いくらい色白)体質なのか?

一カ月を超えた辺りで冒頭に記した通り、どんよりとした痛みが出始めます。

 

以前、何度か差し込み口に膿が溜まって動けなくなる経験をしました。

ひりひりした痛みもあったので、うっかり傷口のケロイド用軟膏を塗ったら、よけい黴菌が入ったようで、ぽんぽこりんに腫れてしまいました。

それを先生が、ぐいぐいと絞って、膿を出します。

  f:id:kozikokozirou:20161206135950j:plain

声が出せないんだから、とても静かな患者です。

しかし先生の手に噛みつくところでしたね。

ほとんど野獣。。。

 

差し込み口には何も塗らず、シャワーで流して清潔に!

もし腸ろうをされている方がいたらと思いまして、私の経験を記します。

 

膿が出るくらいですから、擦り傷や切り傷と同じイメージです。

下手にお薬を塗ったりすると逆効果です。消毒薬などもダメです。

ひたすらシャワーでキレイに流し、清潔なタオルで拭いて、ガーゼで覆っておきます。

(密閉しない方が良いので、ガーゼが一番でした)

その後は大人しく、ひたすら腫れが引くのを待ちます。

熱が出る位ひどければ、痛み止めや抗生物質などを処方していただけます。

 

私も大人しくしていよう。

湊かなえさんのミステリーを楽しんでます(*^▽^*)

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ