かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

永久気管孔の後遺症で「匂い」が分からないのだけれど。。。

永久気管孔の話題が続いてますが、やはり私の症状で後遺症が大きいのは、食道全摘出での胃管再建手術と、下咽頭摘出による小腸再建と永久気管孔です。

 

その為、失音障がいとか、食事が十分摂れなくて腸ろうをしているとか、せっかく食べた食事が逆流したり、下痢やダンピング症状に悩まされたり、難聴になったり耳鳴りがしたり、喉の違和感、お腹の違和感。。。

 

え~~い!!もう言わんでええ!!

肺癌もあるんだっけなぁ~?!

後遺症で「匂いが分からなくなる」という症状があります

痛くもかゆくもありません。

私は永久気管孔という首の付け根にある穴からの呼吸なので、鼻呼吸を全くしていないだけです。当然、鼻に空気が流れません。だから匂い自体が鼻腔の奥に流れてこないから、匂いを感じなくなります。

 

匂いを感じる嗅覚に異常はありませんから、非常に強い匂い、例えば奥様のガツンと香水や、焼き肉の充満した匂い等は感じます。

しかし微妙な漂う様な匂いは、全く感じなくなりました。

手術前から医師やソーシャルワーカーの方から説明を受けていましたが、想像が出来ないものですから、成り行きに任せているのです。

 

数日前のエピソードですが、お弁当で焼いた鮭がこびりついたIH グリルをすっかり忘れていました。こんな事ありますよね!

 

学校から帰った娘が「何か臭いよ~?」

おっと~が「なんの臭い?」

私には全く臭わないのですね。

開けてビックリ!!

f:id:kozikokozirou:20161109121725j:plain

 

嗅覚はあるのですから嗅ぎたい匂いがある場合は、出来るだけ鼻に近づけて、下から匂い風が鼻腔に入るように、団扇などで扇げば良いのです。

僅かですが、感じることは出来ます。

スポイトを使い、鼻の奥に空気を送る方法もあります。

 

それでも最近流行の、汗に香る柔軟剤とか、生まれた香りが続くとか、もうこの3年間は全くの無縁でございます。

 

そこでどうでしょう?

香りの無い生活が可哀想と考えるのか?

いやいや、嫌な臭いを感じなくてラッキーと思うのか?

これで後遺症だらけの人生がだいぶん違ってきます。

 

私は確実に後者ですね~(o^―^o)

 

おっと~のトイレ後も平気!

娘の学校靴下の臭いも分からない~

えっ?お母さん臭い??そう?

 

自然の風の香りや海の匂いの素敵なこと!

食べ物の匂いは味覚と目で感じます!

 

腐った臭いがしないかとか、(IHなのでガスは使用してないけれど)危険な臭いがしていないかは、近くの方に頼りましょう。

 

人工的な匂いは忘れちゃったわよ!

 

人間ってもしかしたら、とんでもなく馬鹿らしい事に能力を使っていないかな?

私は匂いのしない自然の香りを満喫してマス!

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ