かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

近未来の医療 AI看護師と、医者と患者の関係をマンガにしてみた

医療に携わるAIは、まだフィクションです!

前回から、新しいマンガを描き始めました。

下記が 第1話前半です。 

 

 

「かこさん」が腸ろうの事故で入院し、優しい温かい手の「看護師」が「AI(人工知能)ロボット」だったというお話でした。

 

勘違いのない様に(間違える人がいらっしゃるか?)記しておきますが、これらは素人が好き勝手描いたマンガです!

はてなブログの中には、医療や機械工学に詳しい方が多数いらっしゃいますが、そういう方の「実話」ではありません。

 

マンガですから、SFの様な、フィクションです。

 

それを踏まえて第1話後半です。

10ページあります。

 

f:id:kozikokozirou:20190223090219j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090235j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090245j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090259j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090322j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090408j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090651j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090708j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090728j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20190223090740j:plain

 

患者のウソ

マンガでは私が退院したい余り、食事を沢山食べたように偽るエピソードを紹介しました。おっと~いわく、「こりゃホンマの話じゃ」だそうですよ(笑)

もちろんAIの話ではなく、私は(どうしてだろう?)先生の前では「頑張って食べているアピール」が過ぎて、無意識に「エエかっこしい」をするらしいです。

 

こういう話は待合室で、仲良くなったご家族の方から、よく聞きます。

 

医者には内緒にしてくれと頼まれるが、ラーメンの汁まで間食するとか(塩分脂肪分過多)、タバコやお酒を止められないとか、病状を理解していないのに分ったフリをするとか‥。

また患者自身が自分を良く見せるのとは逆に、物凄く良く寝ているのに「眠れない」アピールをするとか、痛いイタイと訴え過ぎるとか、精神的要因であろう負担も聞かれます。

 

また「否定の病気」と言われる症状も、事件や文献などで目にします。

「アルコールや薬物依存」「ギャンブル 買い物依存」等に代表される「依存症」は、断ち切るまでの精神力が大変だと聞きます。

「過食 拒食症」「潔癖症」といった「認知の異常(痩せているのに痩せていないと思い込むなど)」をきたす病気も、正確な判断が出来ません。

 

患者が病気を向き合う難しさ

私は兼ねてから何度も、「イタイと人間は、気力も思考も停止する」と言い続けておりますが、他にも生活習慣や健常者との比較などで、患者さんは苦しみます。

そうした苦しみが、精神の病にまで発展しかねない事例を、多く目の当たりにしてきました(私が入院していたリハビリ病院には、気分の難しい患者さんも多かったです)

 

折しも、堀ちえみさんの舌癌が話題になっています。彼女も気丈に見えますが、これから山ほどの課題と向き合う事になろうと思います。

切除部分が「舌」ですから、恐らくお喋りや味覚はもちろん、嚥下方法や例えば歯に物が挟まっただけでも、健常者の時と舌の使い方が変わってくるでしょう。

 

私も永久気管孔に嚥下障害と腸ろうですから、一生そういう病と向き合い続けるのは、至難の業です。時には「食べた」と思いこんだり、「腸ろうだけで生きていくわ!」と自暴自棄にもなります。

また食事の量によっては、「ダンピング」という痛みを伴う後遺症もありますから、私にとって食事は、むしろ苦痛だったりもします。

 

もしAIが 助けてくれるとしたら

そういう時に大切なのは、家族や親友の言葉だったり、医療関係者の尽力だったり、同じ様な大病をされた方の共感だったりと、今まで私は沢山感謝の気持ちを、このブログで述べてきました。

 

その中で、AIが参入してくれる分野を考え、(何百年後には変わっているでしょうけど)近未来で仮定するなら、おそらく「正確な情報提供と分析」であろうと考えます。

 

マンガでAIがやってくれた「食事の管理法」のヒントは、「新生児のお母さんのおっぱい量測定方」です。

オッパイを飲む前の赤ちゃんの体重を図り、おっぱいを飲ませた後の体重との差が「おっぱい量」です。

新生児だから簡単ですが、食事の摂取量やカロリーなどの換算が必要な方が、看護師さんや栄養士さんに正確な管理をお願いしたら、大変な労力になるでしょう。

 

それを毎食、AIがやってくれないかな~ww

しかも優しく、無理強いせず、気長に穏やかに、怒りも呆れもせず‥

 

※現在過去未来、例えば「受付係」や「建築作業」「運転手」「配達係」といったコンピューターで運営が可能なお仕事は、AIの参入が確実視されているそうです。もう自動運転は実用化されつつあります。

しかし「医者」や「看護師」「介護士」などの、個別にそれぞれの症状を持つ人間との、コミュニケーションが必要な職業は難しいとされています。※

 

やはり人間に大切なのは、心ですよね。

患者の病気と向き合う心は、病を克服‥出来るかな‥

 

イラスト

Twitterなどでマンガの描き方やヒントのコメントを頂いて、大変助かっております!世の中、絵の上手い方はゴマンといらっしゃるから、頼らせて頂きます。

絵柄がプロの方に似ているのも、勉強のひとつと教えて頂きました。写真やカットイラストを参考にするのも良いそうですよ。

私の場合は「同じ人物に見えない」苦労をしとります。医者が違う人に見えるが!トムハンクスのつもりで描いたのに、だんだん太ってくるww

 

 

ブログを読んで下さってありがとうございます。

次回はリハビリ科へ加療する「かこさん」が、アイさんや他の入院患者さんと、AIにまつわる様々なエピソードを考えています。

イケメン 描きたいわ~!

皆さんも 見たいよね~!

 

ではまた、10日後くらいかな??

お付き合いありがとうございました。

 

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ