かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

日々のうっ憤を 有形無形の表現に込める人たちのお話【・・・じゃったらNO3】

遂に月刊誌になっちゃった

※きっとブログが開くまで時間が掛ったでしょ!マンガのページが重いので、スイマセン!どうやって軽くするのか、分からない~!

 

さて!ひと月 間が空きましたわ!ブログはご無沙汰です。

Twitterでは毎日、思いの丈をツイートしています。日々温かいコメントを頂いたり、爆笑させてもらっていますよ~。

 

決してブログを忘れたわけではないのですが、マンガがね~(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

思ったように進まない!

お話の方向が、どこへ行きたいのか?

分からなくなっちゃったの。

 

それでも これでマンガ35作目ですって!

私の人生で 35作も描いちまった。

50の手習い、腸ろう患者の時間つぶし、下手の横好き・・・何とでも言え~~!!

 

プロの漫画家さんは、きっと血のにじむ様な日々でお仕事をされているのだろうと、好きじゃなきゃ描けんなぁ~と、日常がネタ探しでノイローゼになりそうじゃなかろうかと、実感中で御座います。

わはははは(*^▽^*)

 

【・・・じゃったら 第1話の NO3】

これで第1話が 終了です。

NO1とNO2は、下記のブログですので、すっかり忘れちゃった方はどうぞ読んでみて下さいマセ。(読まんでもストーリーは分かります)

 

 

 

15ページくらいあるかな?

前回の続きからです。

詳細はまた下記に

 

f:id:kozikokozirou:20181004095631j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095720j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095736j:plain

f:id:kozikokozirou:20181004095751j:plain

f:id:kozikokozirou:20181004095803j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095815j:plain

f:id:kozikokozirou:20181004095835j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095850j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095903j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095915j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095930j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004095948j:plain

f:id:kozikokozirou:20181004100003j:plain

 

 

f:id:kozikokozirou:20181004100016j:plain

 

 

f:id:kozikokozirou:20181004100033j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004100049j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20181004100106j:plain

 

舌打ち

以下は私の経験です。

娘の中学入学に伴い、物品販売の大混雑時にあった出来事です。

(物品販売とは、入学後に必要な体操服や絵具や辞書や、そういった物を、子供と保護者が確認、試着をしながら注文する学校入学準備会です)

 

娘の中学は1学年300人越えになる様な、今時珍しいマンモス校です。

単純に考えても親と子で600人以上が、狭い校舎を行き来して、試着をしたり支払いをしたり・・・。

 

そんな中、人混みの苦手な私がよろけてしまい、背中が保護者の女性にぶつかってしまいました。知らないお母さんでした。

 

常識的には「ごめんなさい」を、ぶつかった方(私)が言います。

ところが私は「声が出ません」。人工喉頭器はバックの中でした。大喧噪の中では、人工喉頭器の機械音は聞こえません。

 

私は振り向いて、謝罪を「口パク」で伝えたのですが、女性は私の顔を見ないで、マンガの様に「舌打ち」をされました。

私は女性に「口元を見て」と促そうと思いましたが、あっという間に人込みに消えてしまわれました。

大層、ショックな出来事で、声を失ってから、私の人混みが苦手な理由のひとつになりました。

 

日々のうっ憤を晴らそうとする人々

Twitterの使い方がだんだん分かってきて、最近はコメントを頂いたり、DMで真摯に病気の相談をしたり、とても充実しています。

ところが読者の方もご存じの様に、誹謗中傷や不正確な情報と、言葉の暴力といわれる会話が溢れています。

 

例えば、私はお相撲女子(お婆)

昨今の貴乃花親方の引退騒動をご存じでしょう。

その発端は、確かに私の大好きな元横綱が起こした暴力事件でした。しかし今回の引退は、元横綱が直接関与しているとは報道されていません。

それなのに、元横綱に対する誹謗中傷の酷い事!

読む私は、涙が出ます(もう読まない)

 

そんな事をして、何のうっ憤が晴らせるのかな?

 

京都大学特別教授の本庶佑さんが、ノーベル医学・生理学賞を受賞する事になりました。本庶さんの研究は、画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に大きく貢献するものだったそうです。

しかしとても高額な薬価であったり、効果の程や副作用の認知が充分にされないまま、理想論だけが報道されたりと、問題も多い様に感じます。

それは認めますが、本庶佑さんにまで誹謗中傷が進んでいる。なんでじゃ?

 

誰が何の為に?あなたが何を知っているのよ?名を名乗れ!

 

そうして 今回のマンガになる

私は 人の悪口が苦手です。

実の母が私を、悪口のはけ口にしている時期がありました。子供の私は、それを真に受けます。それなのに母は、その舌の根が渇かないまま、悪口の人に笑顔を向けます。

今は大人になりましたから、その胸の内を十分に理解しますが、当時は母親が人間不信の懸け橋になってしまいました。

 

私のブログやTwitterに、ネガティブなコメントが付いたら、すぐに削除します。戦う勇気はありません。漫画の世界のかこちゃんだけですw

きっと戦っても、そういう人には伝わらない。幼い頃に学んだ気がします。

 

小さなお子さんを連れられた方は、きっと同じような冷たい視線や、肩身の狭い思いをされた経験があるのではないかしら?舌打ちもある?

謝罪しようにも、赤ちゃんや子供の行動だったら、謝りようもない事があるでしょう。

 

私の様なお婆が、マンガで成敗してあげるからね (*^。^*) あははははww

 

もちろんTPOをわきまえた上ですが、子供は泣くモノ、ぐずるモノ!

そう思って子育てを楽しんでくださいね。

子供は大切に育てると、優しい大人に向かいます。

舌打ちなどしない大人に 成長しますよ!

 

マンガのイラストは、ネットの表情などを参考に、素人ですからヘタクソ上等で許してくださいね。ちょっと劇画タッチが描いてみたかったの。

無許可の芸人さんシリーズは怒られるかな?

 

お読みいただいてありがとうございました

第2話の完成は、どうしようかな?体調と相談はもちろんですが、ノルマにするのも変なので、思いついたらツイートします。

 

9月は喘息で辛かったのですが、そろそろ落ち着いてきました。仲良しさんにはご心配をお掛けしましたが、大丈夫です。

先日は実に3年ぶり!に電車に乗って、1人で病院にも行きました。4人の方が話しかけて下さって、私は「好々婆」の様に見えるのでしょうね~と自画自賛です。

 

ご無沙汰している方や、もし同じ病気で体調などの相談がある方は、Twitterでフォローして頂ければフォローバックします。

私の周りは優しい方ばかりですから、安心してくださいね。

 

では、また会いましょ(^.^)/~~~

 

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ