かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

人の優しさについて 結婚25年も経った「夫婦」と「家族」をマンガにしてみた

犬に噛まれて20日

ようやっと抜糸です。

前回6針と記しましたが、10針も縫ってました。手のひらが4針、手の甲が6針。

イヤもう、痛い話はお腹いっぱいですからしません。

 

順調に回復していますが、まだ以前の様な状態には戻っていません。

グーとパーが引きつれて出来ません。でもOKマークやチョキは出来る様になりました。それさえ出来れば、日常生活の中で出来る事は沢山あると、新たな発見です。

 

ただ包丁が持てないので(手のひらが痛いイタイ!)、私のメイン仕事である料理が出来ません。家族中が野菜に飢えています!!

 

今日のマンガ

ペンが持てる様になりました。イラストもゆっくりボチボチ描けそうです。

 

今日のマンガは、犬に噛まれる前の「結婚25周年」でブログに記そうと思っていた内容です。私の息子や娘を含めた「家族の優しさ」について、そして大切なおっと~に感謝を込めて描きました。

(殆ど出来ていたんだけど、約3週間も何もできなかったから、今になりました)

 

詳細はマンガの後に記します。

10ページあります。

読んでみてくださいね。

 

f:id:kozikokozirou:20180518102928j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180518102951j:plain

f:id:kozikokozirou:20180518103026j:plain

f:id:kozikokozirou:20180518103043j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180518103100j:plain

 

 

f:id:kozikokozirou:20180518103120j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180518103143j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180518103202j:plain

f:id:kozikokozirou:20180518103222j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180518103243j:plain

 

事実と比較して

もう2カ月以上も経過してしまいましたが、私の高校時代から続く大親友三人のお話をマンガにしました。

それを読んで親友が、わざわざ現住の神奈川や静岡から帰省して、私に会いに来てくれたのがちょうど1カ月くらい前です。

 

その時の優しい親友の言葉や思いに触れて、私は彼女達と知り合った高校時代から今に至るまでを省みました。

 

こんな優しい人たちに優しくされるほど、私は優しい人間だったかなぁ?

 

優しい気持ちを受け取っても良いくらい、私は気持ちをお返し出来とるじゃろうか?

 

そんな私の子供達は、優しさを感じて成長してきたじゃろうか?親として優しい気持ちを教えられたじゃろうか?・・・そう考えて出来たマンガです。

 

内容は言葉使いをマンガ風にしてありますが、事実の積み重ねです。

 

昔は、若気の至り

若い頃は「若気の至り」で、友達や親にもヒドイ言葉を投げかけました。特に思春期は気分次第でツンデレ風です。(そういうもんですよね~)

優しい事ばかり考えてはいられません。きっと性格の悪い女だっただろうと思います。

 

恋愛の思い出もありますが、ここでは深くを語りませんw イケメンにフラフラした経験も、好みでない男の子に冷たくした経験もあります。(普通よぅねぇ!)

 

そうやって大人になって、おっと~と結婚して、子供を二人授かって、色々頑張ったけど癌になって、今に至ります。優しさの欠片もない・・・

 

そして、結婚25年

おっと~とは、一通り恋愛をした様な気がします。(オバハンが今さら何を言う?)

「恋愛」は一瞬に打たれる稲妻感があるかも知れませんが、それが「愛」に至るまでには時間が掛りましょう。

 

いつ頃か分かりませんが、おっと~には稲妻感を感じませんよ。

でもいつ頃からか、どんなしぐさも言葉も、優しさと愛情を感じる様になりました。日々の積み重ねですが、特に癌になってからのこの数年は、常に私の側にいてくれる、私の心の支えです。

 

二人の子供に恵まれましたが、息子の反抗期はハンパなく、ヒドイ言葉でやり取りしました。娘はまだその渦中で、毎日キ~キ~言ってマス。

 

でも時々、子供達の優しい心がみえます。

私には言わなくても、お友達や恋人を大切にしている気持ちを知ると、きっとその心は私からではなく、私を大切にしてくれるおっと~から受け継いだものだろうと感じました。

 

おっと~が私に優しいから、子供達も人に優しく出来るんだろうなぁ~と。

あらまぁ、52歳のノロケ!

 

そしてオチ

普通はこのままブログを終わるでしょうけど、犬に噛まれたこの約3週間で、ウチは言いたい事がある。

 

おっと~は、私が料理どころか買い物にも行かれんのに、食事の支度をせん!

買い物も頼んだモノ以外は買って来ん!家族中が食べる物が無いというのに、「レトルトカレー」と「カップラーメン」しか用意せん!米を研ぐしかせん!

意地でも料理をせん!(本人否定)

 

娘は自分の為には弁当を作った。でも私の食べ物でも食べてしまう。食器も一回しか洗ってくれんかった!洗濯物も入れてくれん!たたんでもくれん!

朝出掛ける時に私が荷物のお手伝いが出来んかったら、「チッ!犬なんかに噛まれやがって!」と言った!ウチは聞いたで!(本人否定)

 

息子は全く無関心、無関係、無反応、無変化、無愛想、無心配・・・

ビールだけ飲む!(本人企業研修中で留守のため、本意は不明)

 

フン~~~だ!

これが現実じゃったわ!!

気が利かんのんじゃけ!!

 

 

お読みいただいて ありがとうございました!

今日は私を噛んだワンちゃんの処遇をお知らせするつもりでしたが、これもマンガで表現した方が分かり易いと思ったので、来週にします。

 

毎日、出来る事が無いのでテレビばかりを見ていると、新潟の恐ろしい事件や西城秀樹さんが亡くなったニュースなど、心が痛む話題ばかりです。

日大アメフトも対応が酷すぎて、日本中の日大OBOGが泣いてますよ!

 

では、また来週(@^^)/~~~