かあさん ちょいちょい がん患者

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

【ガン患者のエッセイ漫画NO11】普通のありがたみについて 美容師さんのタマゴさんに読んでもらいたいお話

イタイ お話し

痛い話が苦手な方は キツイかな?

 

時はエイプリルフール 日曜日 

ウソじゃない エイプリルw

 

着替えをしていたら、腸ろうのチューブが指に引っかかる。

瞬時に、身体から外に出ているチューブの先の方が邪魔していると思い込み、ぐい~っと引っ張ったら、小腸の中身のチューブだった!!

 

そう!私は小腸チューブを、自分で引っ張り出しちゃったのでございます。それが痛くないんだな~!スルーっと抜けちゃって!

 

私の小腸の中には、栄養補給の為の腸ろうチューブが40~50センチ入っています。それが30センチくらい抜けたところで、そのヤバさに気が付きました。

※全部抜けてしまったら、救急車でごさいます。何せ人間の体は、瞬時に穴を塞ごうとする生き物で御座います。ナイフで刺された訳ではないので、穴から血が飛び散ったりはしませんが、少しでも穴がくっついちゃうと、再手術になります。時間勝負になります。

 

今日は日曜日じゃん!

病院は休みじゃろうが!

救急車はイヤだ!

再手術はもっと嫌だ!

栄養不足で 死ぬるのも困る!

 

で、たまたま家に居た息子が、おっと~を呼び出し(おっと~は町内に外出中)、おっと~が慌てふためいて帰ってきて、固まっている私の服を脱がし、シャワーにソロソロと送り込みます。

 

そう、私は自力でチューブを 小腸の中に 仕舞い込みました。

あ~た!どんだけ痛いと思う?

三島由紀夫の世界? 

 

シャワーが 潤滑剤の役目をしてくれました。30センチ取り出して、20センチは仕舞ったかな?30分くらい格闘したかな?

 

その後、直ぐに先生と連絡を取り、チューブの詰りはないので 現在は様子をみたままです。小腸の中身チューブを、10センチは出したまんま。もちろん 私は元気です。

 

ただ、どういう訳か?猛烈な筋肉痛がするのです。腹筋運動100回した感じ。

ジ~っと していれば痛くないので、ジ~っと しています。

ジ~っと ブログ 書いてます。

わはははは~ww

 

前回の続きマンガ

前回の「永久気管孔と毛」のお話の続きです。

 


コメントを頂いた方々の中で、意外にも「セルフカット」や「奥様カット」が多い事に驚きました!その器用さに ご尊敬申し上げます。

でも体調によって、余儀なくされる方もいらっしゃるはず。

 

そんな時に 私が出会った美容師さんのお話です。

10ページあります。

 

ちなみにマンガに出てくる「永久気管孔用のエプロン」とは、こんな感じのデザインです。医療用はもっとシンプルですが、可愛らしくなる様に、私が作りました。

 

f:id:kozikokozirou:20180406100722j:plain

 

 

f:id:kozikokozirou:20180406103956j:plain

f:id:kozikokozirou:20180406104345j:plain

f:id:kozikokozirou:20180406104401j:plain

f:id:kozikokozirou:20180406104424j:plain

f:id:kozikokozirou:20180406104443j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180406121510j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180406104606j:plain

f:id:kozikokozirou:20180406105309j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180406104656j:plain

f:id:kozikokozirou:20180406104720j:plain

 

事実と比較して

ちょっと奇跡的な出会いのようですが、正直に申し上げて4件目に出会ったお店です。

 

1件目は、チェーン店だったのか?システムが分からないのですが、毎回 同じ担当の方がいらっしゃるとは限らず、その都度、病気の説明が必要だそうで諦めました。

2件目は、おっかなびっくり!襟足のエプロンが邪魔そうで、ケープを巻くのも気を遣われ過ぎて、かえって気の毒でしたねぇ。

3件目は、次回の予約を取ろうと躍起で、そういうシステムだと言われても、病人に2カ月先の予約を取るお店の方針が理解できませんでした。(予約をすると料金がオフになるらしい)競争の厳しい世界なのでしょうね。

 

4件目に出会ったこのお店が、ほぼマンガの通りです。

お洋服の襟にラップを巻いて下さるのは、カラーやパーマの時によくありますが、カットの時でも巻いて下さったり、カットが終了すると 直ぐにケープを外して下さったりと、きっとマニュアルに無い工夫をして下さったと思います。

 

普通について

マンガには描きませんでいたが、人工喉頭器を使ったお喋りも楽しく、全く普通のオバハンと若い美容師さんの会話でした。

ご存じの様に声の出ない私には、普通のコミュニケーションが難しい時があります。それでも彼らの「普通」な対応と、出来るだけ普通を心がけた配慮に、心から感謝を感じた次第です。

 

病気によっては、もちろん特別な配慮が必要な場合があるでしょう。でも出来ることなら、普通の事を普通に行える様な「工夫」が、最も嬉しい時がある事を、ご理解して頂きたいと思いました。

 

余談

美容師さんお二人は、将来的に「病院や介護施設などと契約して、月に数回、訪問美容院」をしたいそうです。

もちろん経済的な安定も利点ですが、そういう志の方々なのかなぁと感じました。

 

美容師の方、美容師を目指される方へ

イラストが 可愛らしく描き過ぎです。カットして下さる美容師さんに敬意を表して、美人に描きました。私は美人じゃありません。

 

ただどんな方でも、素敵な髪型やオシャレをすると気分が上がります。男性も最近は、美容室に行かれる方が多いと伺います。

 

美容師は、万人の気分を変える 素敵なお仕事と思います。

ちょうど今は4月です。我が息子も研修に出社し始めました。

美容師を夢見て、技術を学ばれる方も多いはず。

 

是非、病気の方々を整えられる時に、学校やお店のマニュアルから少し離れて、その方に合った方法を模索して差し上げる様な、素敵な美容師になって下さいマセ(o^―^o)

 

 

お読みいただいてありがとうございました。どうやったら私の感謝が伝わるかなぁ?毎日チビチビ、マンガを描いてます!

ではまた来週(^.^)/~~~

 

PS・息子が弁当持参で出社しています。

朝からまた3個の弁当!

一日中、家族の食事係じゃなんて、誰が「主婦は楽じゃなんたら」言うたんなら?出てこい!オラ!鼻毛抜いちゃる!

 

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ