かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

あげに 怒らんかったら 良かったなぁ・・・オマケ 漫画付き

あげに・・・とは標準語で「あんなに」でございます。

 

金曜日に病院へ行き、引きこもり生活連続記録は、わずか5日で終了しました。

今日からまた引きこもりでございますが、病院の帰りに買い物したけぇ、冷蔵庫が充実しておる!こりゃ、とうぶんイケルで!

 

息子に会った

ちょいちょい登場する我が息子!

大学4年、21歳でございます。

一人暮らしをしておるのですが、息子の住む学生アパートは、私の病院と車で5分程度の近い距離です。

 

毎回と言う訳にもいきませんが、おっと~が車で送ってくれるので、行きに山ほど食料を買い求め、それを持ち込んだり 帰りに食事をおごったり・・・

金曜日も4000円ほどの食料とビールを(おっと~は発泡酒で、息子は本物)買い求め、イソイソ持っていきました。

 

現在 反抗期中のお子さんのママに 

朗報です!

 

反抗期には目が合っただけで

目玉を取り出して

熱湯消毒されそうな嫌われ様でしたけど

21歳にして、ハグ許可 頂きました

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

  

f:id:kozikokozirou:20170702083505j:plain

 

 そう言えばご報告済ですが、6月早々に息子の就職が内定いたしました。

それで お祝いを申します。

 

「就職内定おめでとうだぜ~

イエエエエエエエエ~~~!」

「ありがとう」

 

「よく頑張ったね~

イエエエエエエエエ~~~!」

 

「元気そうじゃん。

イエエエエエエエエエエ~~~!」

 

声張り上げて(人工喉頭機の最大音声)

賞賛の嵐を送ろうとしてはみたものの

ハタと気づくと

ありゃ、こりゃ、どうした事か?!

 

これ以上 誉め言葉が 続かない・・・

 

現役の若衆や おっさん一歩手前の大人に 聞いてみたい

このブログを読んで下さる方は、男性より女性が多いかな・・・と勝手に思っているのですけれど、その少数派男性で、独身でも結婚されていても良いのですが

 

「お母ちゃんに 最近 褒められとる?」

 と聞いてみたいのであります。

 

つまり、成人を超えたような 立派な若衆、イヤ もう暫く経ったような おっさん一歩手前のアラサ~は、はたして母ちゃんから褒められて、やる気になったり感謝したり、自己肯定感を高めたりしとるんかと?

 

それは必要なんかと?

 

子供は褒めて育てよ 

最近のお若い方の中には、我が子のみが素晴らしいと信じてやまぬ オロカモノがいらっしゃいますが、それでも我が息子の時代から「子供は褒めて育てよ」と申します。

 

出来たことを褒めたたえ

失敗しても責めたりしない・・・

 

ホンマにかぁあぁ??

そんげな殊勝な若い親が おるんかぁぁ?

 

f:id:kozikokozirou:20170701160023j:plain

 

私のケースを申し上げますけれど、

当時 フルで仕事もしておりましたから

息子 幼少期の育児は

常に時間との戦いでございました。

 

ですから私は いとも簡単に

「早よう着替えやぁ~なにしよるんなら!

お母さんが遅刻したら 誰が責任取ってくれるんね?

さっさと着替えて準備してぇやぁ~」

略して「早くしろババァ」

(別名 待っちゃれ~や~)

 

「全部 残さんと 食べぇやぁ~

誰が残してええ 言ったん?

せっかく作ってやったのに

明日から オヤツなしにするけぇね!」

略して「食べろ妖怪」

(別名 少なくしちゃれ~や~)

 

「なんで片づけんのん?

あんたが散らかしたオモチャを

誰が毎日 片付けよう思ようるん?

全部 キチッと片付けんかったら

明日 遊ばさんよ!」

略して「片付け大魔王」

(別名 手伝っちゃれ~や~)

 

など、日常的に変心しておりました。

今考えれば、心底、心が痛みます。

 

息子が大人になって分かったこと

幼少期にしっかりと叱って

いわゆる「しつけ」という

社会的教育的調教的訓練的育英的練習的

な熟練行動に繋がる錬成は必要と思います。

 

それが出来ていない親が子供を育てると

病院の中で「へこき歌」をわめかれるお子様が仕上がる訳です(実話)

 

ですが、その子も20歳を超える頃には 着替えや食事のマナーなどで多少の不備はあっても、一応は標準的に仕上がってしまうもので、いちいち褒めて伸ばす必要もなくなります。

 

そうかといって

血ヘド吐くまで仕事したとか

胸がはちきれんばかりの慈善活動に意欲を持っているとか

それが果たして、親が褒める事なのか?

 

息子もしかりで、就職を心配させることなく決めて、学校も無事に卒業見込み。

可愛い彼女と楽しい交際を続け、アルバイト先の評価もよろしい。

サークル活動でスポーツに、友人知人と打ち上げ飲み会・・・

リア充じゃんか!

 

でも 親の私が褒めるところは

もう なんも ないねぇ~

つまんな~い

寂しいなぁ~大人になっちゃって

 

小さい時 

もっと 褒めておくんだった~

 

朝 一人で起きれたとか

ご飯を最後まで 一人で食べたとか

一人で お風呂に入れたとか

小さな貝殻 大切に持って帰ったとか

靴を 左右 間違えなかったとか

泣かないで 予防接種出来たとか

 

大人には普通のことも

子供には大きな一歩だったのに

褒めるところは いくらでもあったのに

褒めたら ものすごく 喜んでくれたのに

 

ちっとも褒めて なかったなぁ~

 

f:id:kozikokozirou:20170701164448j:plain

 

息子の一人立ちも あと少しです。

帰りの車の中で、しみじみと寂しくなりました。

 

息子が私の癌を 知った時の様子です

読んでみてくださいね 

kozikokozirou.hatenablog.com

 

オマケの またまた娘ちゃん

昨日と一昨日の夜は

カープ県に大雨 雷警報です

すっごい雷!!

大人の私でも怖かったです。

娘も 半泣きの怖がり様で

私のベットで 一緒に寝ました。

 

f:id:kozikokozirou:20170701165028j:plain

 

いや~久々の 若い子の肌!

弾力があって もっちもち (#^.^#)

スケベ心とは これかいな~~??

 

お礼

最近、ブックマークを沢山いただいたり

読んでコメント頂いたりで、恐縮しかりです。m(__)m

 

私は ご存じの様に自由に外へ出たり、長時間お喋りを楽しんだり出来ません。

 ブログの読者の方々から頂くお気持ちが、毎日私の一番の楽しみです。

その楽しみを送ってくださる皆様に、心から感謝いたします。

 

本当にありがとうございます。

 

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ