かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

癌になったと友達に告げる、またはこれから知り合う方に告げる難しさを実感した話

昨日、娘の同級生のママが我が家に訪ねて来てくれました。

私より10歳以上年下の30代、そりゃあ美人で明るくて爽やかで、私の大好物(?)ママ友達です。

 

彼女も大病の経験があり、その優しさや力強さに感心し、生き方に共感します。

いつまでも話は続き、チビちゃん(息子さん4歳)の幼稚園のお迎えの時間まで長話しです。

電池を2回替えました。

喋り過ぎじゃろ!

私は恵まれていて、感謝ばかりです。

 

でも時々は、そんな方ばかりでない経験もします。

 

スーパーで瞬時にきびすを返す

私の健康な頃のイメージは(ブログを読んで下さる方は感じていらっしゃるでしょう)お喋りで、でっかい声の元気おばさんで、誘って誘われてワイワイ型の性格です。

飲み会もよく行きましたよ~(笑)

 

辞書に「人見知り」の文字はなく、レジで並んだ人と商品片手に「これ美味しいじゃろか?」などと笑いあったり、参観後に帰ろうとしているお母様をとっつかまえて、一緒に懇談会に出席したりと、よく言えばムードメーカー、悪く言えばウルサイ!

 

それでも運が良いことに、高校時代からの友人も多く、遠方から訪ねて来てくれたり心配のメールが届きます。

 

反面、私が病気で癌で障がいが・・・という情報を知った方の中には、もう関係なくしたい全面押し出しの方もおられて、寂しい思いをします。

 

先日もスーパーで、ちょっとご無沙汰のママ友に出会いました。

何度もお茶をしてメールもして、仲良しだと思っていました。

 

私から声を掛けられませんので、ちょっと手を挙げて気が付いてもらおうとしました。

その時、まさしく、瞬時に、きびすを返され、素知らぬ顔で消えられました。

   f:id:kozikokozirou:20170131121717j:plain

 

あ~~~気の毒な事をしちゃったわ~!

私が知らんぷりしてあげれば良かった~!

気を遣わせちゃったわね~。

 

きっとスーパーのどこかで私に気が付いていて、あえて会話もないと思われ、体調の事も聞きにくいし、色々気を遣われた結果の選択だったのでしょう。

 

お気持ちお察しいたします。

もう関わりたくないのですね。

でもまだ大丈夫なんだけどなぁ・・・

私は病気になっても、何にも変わっていないのにねぇ。

電池が無くなるまで喋って笑って、子供の愚痴なんか言い合えば良いのにねぇ。

所詮はお友達じゃなかったのかな?

 

メールの返事が「お大事に」

娘の受験説明会の時でした。

娘からちょくちょくお名前を聞いていて、しっかり優秀で優しい女の子だと、良い印象の同級生ママさんです。

 

明るく「娘から話を聞いてお世話になっています」と話し掛けられ、メールアドレスを教えて下さいとの事でした。

それは私も嬉しいわ~と、人工喉頭機を使用して話します。

「驚かせてごめんなさいね」と前置きをしたうえで、病気で電話が出来ないのでメールは助かります、と伝えました。

 

その時は何も感じませんでしたが、帰ってから「今後もよろしくお願いしますね」と娘のエピソードなどを添えてメールすると

そっけなく「よろしくお願いします。お大事に」とひと言返信です。

 

お大事にかぁぁ~。

別に私の具合が悪くなっても、ママに迷惑かける事なんか無いよぅぅぅ!

ママからメアド聞いといて、病気が分かると予防線かぁぁぁ~

 

てな感じ。

もう「初めまして」の時点で人工喉頭機を使うから、速攻、病人だって分かっちゃう。

そりゃ気を遣うと想像に容易いです。

それとも私が余計な事を言ったかな?

 

健常者の時の私だったらどうするだろう?

「人の命に関わると自分の命をとられる」と言った先輩がいました。

確かに病院などに付き添うと、気分が沈むとおっしゃる話はよく耳にします。

娘も入院中の私を見舞うのを嫌いました。病院が暗くて怖いと言いました。独特の「匂い」にも拒否反応です。

 

私が健常者であった時はどうだったか?

家族なら当然?友達は?知人程度なら?

 

以前、私は息子のママ友達を癌で亡くした経験があります。

私は彼女に花を送ったり電話で話をしたり、心は届けようと思いました。

でも十分には出来ません。

自分から電話をしておいて、か細くなる声の彼女に、どう対応したらよいか分からなくなりました。

他愛もない「この先」の話題が、出来なくなりました。

以前の様に、明るく笑いあえる事が出来ませんでした。

 

彼女がそれをどのように受け止めていたのか、分かりません。

 

彼女が亡くなった時に感じたのは「罪悪感」の様な感情でした。

亡くなる覚悟は出来ていましたが、それまで十分に寄り添う事も、一緒に泣いたり喜んだり出来なかった事実を、客観的に感じました。

 

お葬式の時に花束を贈り、許して下さいと泣きました。

何も出来なかった私を詫びました。

 

「きびすを返された方」も「お大事にママ」も、あの時の私と同じ思い、似たような感情を抱いた結果の意思表示でしょう。

私の病気が他の人の重荷にならないように、離れていく人は諦め、新しい出会いも半ば諦めです。

 

分かって下さる方も多いですから、「この年になって新しい友達なんて期待しないわ~」っておっしゃる方と、同じかもしれませんね。

でも寂しいモノです。

 

 

いやいや!私にはおっと~と息子クンと娘チャンがいましたわ!

ブログを読んで下さる方は、きっとわかって下さる(*´▽`*)

世界で一番大好物の三人と皆様を、大切に頂きまぁぁす!

 

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ