読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

手術へ向かう大切な、大切な友人へ

痛みがホント、和らいできました(o^―^o)

やっぱり身体の調子が良いというのは、何にも代え難い幸せです。

 

テレビを見てたり、ちょっと深呼吸する瞬間に「あぁ、今私に痛いところが無いわぁ」と自覚して、幸せに感じる事の出来る人は恵まれています。

 

健康な人には、なかなか自覚が出来ない幸せです。

 

大切な友人が癌の手術へ向かう

kozikokozirou.hatenablog.com

上記のブログでも触れたのですが、乳がんを宣告された大切な友人が、今日から入院で明日が手術です。おっぱいを全摘するそうです。

少しでも今後に不安を残さないように・・・と選択されたそうです。

 

私はショックで、最新の医学を持っても彼女の綺麗な胸が失われるのかと、言葉に出来ないほど心がつぶれそうです。

きっと私が 声を失うけれど咽頭を全摘した理由 と同じだと思います。

 

昨日電話を頂いたのに、私は相変わらず喉から食べ物が落ちていかず、四苦八苦している時で、せっかくの人工喉頭機も使えません。

代わって話してくれたおっと~は「変わらない元気な声だったよ」と言います。

 

病気に立ち向かうすべての方へ

その大切な友人に向けて

私のブログを読んで下さる病気に立ち向かう皆様へ

読んで頂けたらと思います。

 

病気に向かう皆様へ 前略

よその立派な淑女と違って、かこ、ですから、何も改まって手紙は書きませぬ。
ただ今回の病気はちょっと予想外で、きっと不安を感じたかなぁ・・と思います。
だから癌先輩でチューブ族(?)の私が、あなたに贈る言葉を記します。
いつか同じことを感じてくれる時が、きっと来ると思うよ(笑)


まず、こういう病気は心配しても意味なぁし!
あれこれ調べて憂慮しても意味なぁし!
考え込んでも意味なぁし!

 

人間は人それぞれの体質がある訳だから、お薬の効果も、手術の内容もその結果も、副作用も後遺症も、全て、確実に、個人レベルで違います。
癌がどの部位にあるかとか、大きさとか、年齢とか、もう同じ人がいる訳がないのだから、色々と余計な情報が入ってきても、恐れをなさんでも大丈夫!

 

感じ方が人それぞれで違うから、痛みや不快感も千差万別だもんね!

 

「どうにかなるよ」で、手術でも抗がん剤でも向かって行っちゃって下さい。

 

具合悪くなるかもしれないし、痛くて目が覚めちゃうかもしれないし、不安になって涙が出る時があるかもしれんけど、ご家族や旦那さんに愚痴っちゃって「よしよし」してもらってください。さすってもらって下さい。

 

心が温かくなれば、結構耐えられます。

私もおっと~に、今でも「よしよし」してもらってマス。

 

それから私の手術前後は、息子クンが受験生で、娘チャンはわがまま小3年生で、家族の大危機の様に感じました。

それでも私は自分中心で、もう家族をほったらかしにしました。

ひたすらに回復へとだけ、力を注ぎました。

 

気が付くと、義兄義姉やじじばばが助けてくれて、何か知らんうちに息子クンは合格して、娘チャンはまん丸になってました。

 

あなたも、徹底的に自己中で、大変な時は家族をほったらかしにして下さい。

回復にだけ目を向けて下さい。

 

気が付くと、必ず!絶対に!確実に!

どうにかなってるから(*^▽^*)

 

前向きな気持ちでいれば、必ずどうにかなる!
信じて下され!どうにかなるから!

 

ほれ!声にでして言え!

どうにかなるや~!って

 

以上かこでした(*´ω`)

 

f:id:kozikokozirou:20161226163419j:plain

寂しい思いのする時は、何となく雨ですね。

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ