かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

小6娘 最後の実力テスト 29点 に考える

私(以下略)「この間の塾の実力テストが返されとるじゃろ!

隠しても塾から送られてくるんじゃけぇ、見せなさい!」

娘(以下略)「・・・・・」

 

「なにこれ??算数29点??

1問目から間違えとるが!普通1問目って、計算のサービス問題じゃろう!なんで間違えとるん?割り算とか掛け算も出来んのんか?!」

「出来る・・・・・」

 

「国語50点!しかも漢字!

5問中1問しか合っとらんが!あんた小学校で平仮名しか使っとらんのんか?!」

「・・・・・」

 

「おまけに冬季講習会の請求書???

講習費は24840円じゃろ?なんで4万円以上になっとん??

えっ?12月分の月謝も掛かる?テキスト代も追加?

はぁぁぁぁ? なにそれ?

きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」

 

   f:id:kozikokozirou:20161222121011j:plain

 

親の「正しい重荷」を考える

この「正しい重荷」はかこ語です。

同じ様な意味で使われる言葉はいくらでもあると思います。

逆を考えれば簡単なのですが、「負の重荷」と言えば、親の子供への虐待だったり暴言だったりネグレクトだったり、子供に背負わされる理不尽な重荷です。

 

そのまた逆の「正しい重荷」とは、親が一方的に正しい事だと、子供の為にと思ってやらせているにも拘らず、子供にとっては苦痛になる重荷です。

 

例えば、です。

私かこは、ピアノが弾けます。

物心ついたころから、気が付いたらピアノを習っていました。

なぜ習うようになったか記憶にありませんが、多分「親の一方的な希望」です。

 

私はピアノの練習が大っ嫌いでした。

今でもピアノを弾く子供を見ると、何故か、可哀想に思う位です。

(ピアノを習わせているお母様方、スイマセン)

 

昔ですからバイエルとかブルグミュラーとか、練習曲がちっとも面白くなくて、どうやったら教室をさぼれるか、新しい練習曲に進まなくて良いか、そんな事ばかり考えていました。

 

しかし母親はいつも厳しく練習を課せ、事あるごとに怒られました。

 

ある日、学校で聞いた「ねこふんじゃった」を家でふざけて弾いていました。

物凄く怒られました。

「やかましい!こんな曲を弾かすためにピアノを習わせているんじゃない!」

 

結局私はただ「親の為に」ソナチネだのソナタだの弾いて、親を喜ばせておりました。

ピアノが弾ける娘。。。

確かに「正しい」かもしれませんが

私には大変な苦痛でした。

 

子供にはとっては、大変な苦しみ

親の「正しい重荷」は、子供にとっては大変な苦痛であるはずなのに、親は自分の価値観を強制的に押し付けている事に気が付かず、一方的な受け手である子供にしか苦しみを自覚できません。

 

しかし一般的に考えても、これは「塾に行かせてもらっている」とか「習い事をさせてもらっている」などの「しっかりした親と恵まれた子」のイメージがあるので、嫌がるとか受験に失敗しようものなら、親の恩をあだで返すと嘆かれるのが関の山です。

 

我が娘を考えましょう。

➡2年間も塾に通って算数29点、その他平均点以下ってことは、

➡塾のレベルが娘には高すぎるか

➡娘に「勉強の強要」がなされていると考えるべきか

➡もし、娘のやる気が無い結果なら

やる気を引き出すのは塾に行くことじゃないかも

 

➡塾は親の一方的な押し付けだったのか。。。反省点が山盛りです。

 

私は冷静に考えて、娘に「正しい重荷」をしていたと考えた方が良さそうですね。

可哀想なことをしました

(´;ω;`)

 

冬の講習会が終わったら、塾を辞めましょうね。

そして娘としっかり話し合います。

 

長くなりましたが本当に、私事でした。

読んで頂いてありがとうございます。

 

ちなみに私は、結婚式で「結婚行進曲」や「乙女の祈り」を弾けと言われ、断固拒否!

娘が産まれてピアノを習わせろと言われて、怒り爆発!

 

しかし手術で心をじゃぶじゃぶ洗った後、従兄がお古の電子ピアノをくれました。

その時、従兄がビートルズの「ヘイジュード HEY JUDE」をさらっと弾いて、「ビートルズを弾くためにピアノを習った」と言いました。

 

目からウロコ!(@_@)

 

そうか~クラシック以外を弾いても良いんだ!

とバカみたいな事に初めて気が付きました。ホント、バカみたい!

 

最初に練習してみたのは映画「スティング The Sting」の主題曲「エンターテーナー The Entertainer」でした。

おやっ、結構簡単だ~!

 

で調子に乗って、今は坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス Merry Christmas.Mr.Lawrence」とかエリックサティとか、「スーパーマリオブラザーズメドレー」とか「ミッションインポッシブル」とか、楽しんで弾いてます。

誰も聞く人おらんけど。。。

 

「親の正しい重荷」を降ろしたとき、初めて喜びを感じたエピソードです。

 

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ