かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

痛い時に、痛み止めを飲むか、副作用を懸念して飲まずに堪えるか?!あなたならどうする?

痛いなぁいけんで!

(痛いのはいけません)

やる気も根気も、笑いも奪うね!

 

寝不足はいけんね!

頭痛とのお付き合いが始まるわ。

 

呼吸の度に襲う痛みで、私は肺がんだったと思い出した

この数日、痛みが続いて微熱もあるし、月曜日に大学病院で医者に診てもらいました。

広背筋というのか、下後鋸筋というのか、とにかく肺がん手術痕の背中と右脇腹からみぞおちにかけて、呼吸の度に痛みます。

笑っても咳や深呼吸をしても、「息を吸う作業」で痛みます。

 

そうやって思い出した!

私は肺がん患者じゃ!

肺が3分の2しかなかったわ~!

食道癌がんと咽頭がんで精一杯だったけど、また思い出しましたわ(´;ω;`)

 

先生の同意はありませんでしたが、

肋間神経痛のような、

横隔膜の痛みか痙攣のような症状です。

(私は呼吸が永久気管孔の為か、しゃっくりは出ません。定期的ではありませんが、時々ゲップのようなものが出た時に、針刺し一寸法師がやってきます)

 

肋骨は折れていない。

帯状疱疹でもない。

肺がんの再発や転移の可能性は。。。

低い!(*^▽^*)

ので、手術痕の神経痛ですと。

(肺の手術の為に、肋骨をよっこらしょっと持ち上げるから、その時に生じる神経痛は後遺症の中でも特に多いのだそうです)

 

ハッキリわからないまま「リリカカプセル75㎎」を処方されてマス。

また痛み止めかぁ。。。

もうどの位痛み止めを飲んだ事やら。

 

腸ろうに、薬を砕いて溶かしたものを流しいれる

もう誰が聞いても終末医療

 

喉から食事が飲み込めない時とか、逆流などの症状の時に(飲もうとすれば飲めるケドね)代りに、私は腸ろうへ薬を流し込みます。

 

カプセルは二つに割いて、中の薬を出します。(殺人事件みたい)

錠剤は包まれているカバーごと、ペンチで砕きます。(コツが必要)

お水かお湯で溶かして、専用の注射器で、ちゅ~~~っと流し込みます。

(溶けやすい薬は少ないです。意外とざらざらのまま流し込みます)

 

口から飲むのと違うのか?

ハッキリわかりませんが、腸ろうから入れる事が出来ない薬もありますから、医者の指示に従います。

(これで結構、町医者は薬剤師ともめました。発売元に確認したり大騒動だったので、ちょっと可笑しかった(^▽^))

 

気分的には、ちょっと早めに聞くかな?!

痛み止め等で、胃にくる副作用が殆ど感じられない。

でも胃が無い様なものだから、関係ないだけかもしれぬ。

 

歯痛など、痛い時に素直に痛み止めを飲むか?

痛み止めは結局、病気の本質を治している訳ではないイメージが付きまとい、私の両親など忌み嫌って、今でも「痛み止めを飲めばいいのに。。。」と思う事が山盛りです。

昭和の人だから、薬に頼ること自体が健康を害すると思っている。。。

 

私は痛いなら飲む派です。

痛いの嫌い!

副作用が出たら考えるけど、とりあえず「痛てぇんだよ~」を何とかしてほしい経験が豊富なので、薬に頼ります。

普通の人って、どうなんでしょうねぇ?

 

なんかオチも何もない話でスイマセン!

せめてイラストでも。。。

  f:id:kozikokozirou:20161221111928j:plain

 

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ