かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

腸ろう者の切実な オナラ のお話です。温かい気持ちで読んでください。

また話がずれずれでスイマセン。。。

私はフェイスブックツイッターもインスタグラムも、お若い方がケロッと出来てしまうSNSに疎く、ブログ用語も全然分かりません。

でも楽しく自己満足なブログを作っていて、ほんの少し読んでいただいて、時々読みましたマークを頂いて、本当に嬉しいのです。

感謝感謝です。ありがとうです!!!

 

極めて真面目な「下」話し※「下ネタ」ではありません(笑)

腸ろうをされている方が、読んでいらっしゃる方にいればよいのですが、私くらいの年齢で腸管栄養に頼っているなんて、きっと珍しいのでしょうね。。。

大丈夫!腸ろう生活三年目!元気です!

 

点滴と同じような感覚で、腸内に通した管から経腸栄養用輸液ポンプを使って、栄養や水分を腸へ送って摂取します。

胃ろうをご存知の方は多いと思いますが、胃ろうとは違い制約や栄養剤が限られます。

 

血管からの栄養補給と違い両手は自由で、ポンプにセットして点滴棒を金魚の糞の様に持って歩くだけです。痛みはありませんが、腸が不自然に動く事があります。

別の生き物在住??レベルです。

 

入れる先が腸ですから、ポンプの注入スピードが速いと直ぐ下痢をします。

トイレコントロールをしないと出掛けられませんが、腸ろう経験3年間の実績がものになってきました。

一日15~6時間は金魚の糞を持って歩きます。

 

ポンプに空気が送られると、警告音が鳴り停止します。

しかし腸に繋がっている管が栄養剤で詰まらないように、お水で掃除するときなど、どうしても空気が腸へ入ります。

お薬もつぶしてお湯に溶いたものを、注射の要領で管へ流し込みます。

その時もどうしても空気が混ざります。

 

という事で、自然に発生するオナラとは別に、送られた空気がプクプクと腸内で溜まり、下腹が別生物で動き出すと、人前から静かに去らなくてはいけません。

 

すっごい量が、よくぞここまでと思うほど、出ます。

  f:id:kozikokozirou:20161012112134j:plain

朝から晩まで、ぶっくらぶっくら 出る時もあります。

昨日がそうでした。

出すと楽になるので、家族の前でも ぶっくらぶっくら 出します。

おっと~も娘も、とても喜んで拍手です。

出すものは出さないと!

 

ぶっくらぶっくら。。。

(イラストはガスです。

 ゲスではありません)

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ