かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

「私は癌です」と周囲に告げたとき。。。家族がどんな反応をしたか。。。娘編2

前回トトロの比較は大きな誤りでした。

トトロは2メートルだそうです。

スイマセン!

 

kozikokozirou.hatenablog.com

家族 娘編2 娘小学校3年生

私は娘の心の状態に全く気が付いていませんでした。

 

娘は当時、積極的とも消極的ともいえず、成績もちょうどバランスよく真ん中でした。殆ど問題も起こさず、ごく普通の手の掛からない子供と思っていました。

私たち夫婦は、特別何かを熱心に教育するという考えはなく、基本的な生活習慣も我が家なりに出来ていた様に思います。

受験生のお兄ちゃんに比べて、何の心配もなく、近くのおばぁば家に預かってもらったというのが経緯です。

 

徐々に娘はストレスを溜め込んでいました。

これからは私が術後で退院し、抗がん剤の副作用も抜けてきた頃に聞いた話です。

ばぁば家は、当時は健在だったおじぃじと義兄夫婦と4人で、姪と甥は社会人として独立していました。

お義兄さんは社交的で明るく、お義姉さんもベテラン兼業主婦で、義理人情に厚く明るいしっかり者で、とにかく頼りがいがあります。

 

その家族に世話をしてもらって、むしろ娘は我が家より良い環境で過ごさせてもらっている、という感覚でいた私は、話を聞いて驚きました。

 

学校から帰った途端に、手も洗わず勝手にお菓子を引っ張り出し食らいつく。

注意されても、逆ギレの暴言を繰り返し、取り付く島もない。

宿題や片付けなど、当たり前だったことに取り掛かることが出来ず、テレビを独占してリビングに居座り続ける。

こと食事に関して強い執着心があり、内容が気に入らないと残して別の物を食べようとする。  

  f:id:kozikokozirou:20161007125045j:plain

 

90歳を超える仙人おじぃじを、チャンネル争いで怒らせたり(おじぃじが怒るなんて!?) 87歳のおばぁばに「くそばばあ」まで言ったそうです。

小学3年生が思いつく限りの暴言だろうと思います。

 

私の前では本当に良い子でした。

お母さんが元気になったら。。。。をしたい!

おっと~と来てくれたお見舞いは

いつもニコニコで前向きでした。

 

私は気が付いてやれなかった!

母親が病気で入院し、命にかかわる長期入院です。

痩せて、髪や眉毛まで抜けて腕は点滴で真っ青です。

なんだか解らないけど、思ったよりも大変な病気だと、子供の目にも明らかでしょう。

 

良い子でいられる8歳児がいるでしょうか?

しっかり自己管理が出来て、大人にとって良い子でいられる子供がいるのでしょうか?

 

今頃、娘は私に言います。

 

あの時は、お母さんが死ぬなんて考えたこともなかった。だから痩せてしんどそうなお母さんを見ても、手術の日でも、ぐっすり眠った。

お母さんの事は考えないようにしていた。

私はおばぁばやおばちゃん(義姉)に優しくしてもらったけど、毎日毎日けんかをしていた。でも泣かなかった。

どうしてだか、分からない。。。

 

これが幼い子供の本音だと思います。

  にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ