かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

私を生かせてくれた医療チームは、軽く100名は超えます!

昨日は呼吸がひゅ~ひゅ~していたのですが、肺炎や治療の記憶を思い出して、気分が下向きになったからじゃないか?と思います。

 

私はカープ出身なので、幼いころから戦争の体験を聞く機会が、おそらく日本のどこよりも多かったと思います。

語りべの方々がお話しされるのを、戦争の恐怖を感じながら聞いていました。

しかし、語りべご自身が経験された恐怖や絶望の気持ちを話される、その勇気や気力にまで思いを馳せる事は出来ませんでした。

 

今はそのお気持ちが少し分かるようになりました。

負の体験を語るのは、本当に大変です。

語りべの方は物凄い信念のもとに活動されていると思います。

私はまだまだだなぁぁぁぁ~(´;ω;`)

 

さて手術の決断の話ですが、主治医と私とおっと~だけの問題ではありません。

 

手術をする病院では、カンファレンス(治療や手術、化学療法などの治療、術後のケアなどを決める会議)を行います。

私の場合は、年齢が48歳と若く、癌が三カ所、喘息などアレルギー持ちなどなど、一筋縄ではいかないため、各器官の専門医が総勢で行われたと聞きました。

 

f:id:kozikokozirou:20160928114218j:plain

 

消化器外科 耳鼻咽喉科、呼吸器外科、臓器移植医療、形成外科、麻酔科、化学療法科、薬剤科。。。ちょっと覚えていないくらいです。

それぞれに4名くらいの助手の方がいらして、

看護婦の方や集中治療の方、介護士の方、リハビリ担当と理学療法士、医療ソーシャルワーカーの方々。。。ちょっと覚えていないくらいです。

軽く100名は超えましょうか!

 

私というたった一人

たったひとりの人間を助けていただくために、ものすごい数の知識と経験と、温かい手と力をいただいて、感謝という言葉では足りません。

これからの私の残りの人生で

恩返しのできる生き方をしなくては・・・と心がけています。

 

イラストはごく一部、印象に残っている先生方を。。。

初登場の耳鼻咽喉科EXILE先生、イケメンでした(笑)


絵日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村

 

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ