読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラスト日記 『かあさんは、元気で、癌で、障がい者』

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

痛みについて。。。

昨日はカープが!!

話が違う方向へ行くので、ただただ今日の私はご機嫌で、感涙に浸っておるという事だけお伝えいたします。

くろだぁぁぁぁ~~~あらいぃぃぃ~~~~いしはらぁぁぁぁ~~~~

 

さて、やっぱり避けては通れない話題のひとつ、痛みについて記そうと思います。

 

決して癌だからという訳ではなく、例えば、健康な女性なら最高痛は出産を掲げる方が多いだろうし、男性ならゴールデンボールの入り込み(おっと~談)といったところでしょうか?!

 

しかし出産やゴールデンボールは終わりの見える痛みであって、終わった後には祝福や笑いを取るネタにまで(プロ野球ではネタになります)なるのだから、精神的なダメージは少ないと思います。

 

私の闘病は、癌が発見されるまでも、そして現在に至るまで痛みとの戦いです。

癌が発見される以前は、のどの痛みに加えて耳への放散痛がありました。

肺も痛みましたし、どうしてもっと早く自分をいたわらなかったのだろう。

 

抗がん剤中は、激しい下痢と高熱で意識が飛びましたし、術後からは傷の痛みはもちろん、腸閉塞や神経性疼痛など、ありとあらゆる種類の痛みです。

痛み止めのお薬も、トラムセットから リリカに ボルタレンに ロキソニンに セレコックス・・・もう覚えていません。座薬の名前は何だったかな??

 

痛みに耐えている時、私は

「これは一生で最後の酷い痛みなんだ!これを乗り切ってしまえば、もうこんなひどい痛みに苦しめられることはない!」と自分に言い聞かせ、終わりを願いました。

f:id:kozikokozirou:20160911131940j:plain

今でもそうです。

そう思うことで病気の痛みを、出産やゴールデンボールの痛みと同じ、終わりある痛みに代えていこうと思いました。

でも繰り返されるんですね~冷や汗の痛みが。。。

もちろん耐えます。耐えればいいんですが、精神的なダメージが時々襲います。

怖いんですね。もう痛みは勘弁してくれ。。。と

 

だから、ふとテレビでも見ている瞬間、ふと歩いている時、ふと夕食を作っている間に、気が付くと

「あ~、私は、いま、痛くないわ~」と思うのです。

その時に、結構な幸せとありがたさを感じるのです。

お手軽です。

 

 

 

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ