かあさん ちょいちょい がん患者 闘病と家族のイラスト日記

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

引きこもりだった 私のお話を マンガにしてみる NO1

大雪らしいが、カープ県は ただの曇り

昨日から、朝から、東京近郊の大雪の話をどこでも かしこでも やっている。

テレビの必要性を感じない!

 

長~~~い中継!アホちゃうか?ビルの雪や、転げる人の画像を見て、何が楽しい?

これが大事故とか、先の大震災のような情報なら理解するけれど、カープ県のわたくしに、何の必要性があっての 長~いニュースなんじゃろう?

サクッと説明すりゃぁ、ええん違うん??

 

小室哲哉さんの引退のニュースで、報道の在り方に言及する記事を沢山目にします。センテンススプリングの情報リークについても ザワツイテますが、ホント、その情報が必要かどうか?キッチリ考えようぞ!

 

数字ばかりが評価じゃない!!

 

マンガ 第何弾になったんじゃろう?

初めてご覧になる方がいらっしゃったら申し訳ないのですが、私はフトした事で、生まれて初めてマンガを描いてみたら「ハマってしまって」、それをブログに投稿させて頂いています。

 

最初は、長い闘病生活で経験した「病は気から」病をテーマに、描き始めました。その途中で父親との確執について表現させて頂いたり、前回は高岡ヨシさん原作の作品をマンガにさせていただきました。

 

今回から少しの間、「病は気から」病からの→「引きこもりだった私」をテーマに描こうと思います。

 

私は術後、約2年に渡る引きこもりを経験しました。ブログを始める前です。

私も立派な「病は気から」病でした。

今でも腸ろう(腸にチューブを通して、そこからポンプで栄養補給をする)による点滴が、約15時間かかりますので、ほぼ引きこもりではあります。

 

でも当時と 気持ちが全く違います。

心も持ちようと言うのかな?

 

その気持ちは、一度きりでは表現できない様々な変化があり、何度かに分けて連載マンガで描いてみようと思います。興味がない方には申し訳ない!!

 

今回は第一回です

9ページあります。

※登場するQさんは、私が手術を受けた病院の「ソーシャルワーカー(相談員)」の方です。下記のマンガに登場した方です

 

 

「術後の引きこもり」

f:id:kozikokozirou:20180123120322j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123132734j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180123120356j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180123120419j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120442j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120514j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120542j:plain

f:id:kozikokozirou:20180123120612j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180123120642j:plain

 

以上です。

ご注意ですが、昨今のガンの治療方法はさまざまで、私は副作用や後遺症もありましたが、総ての方が同じではありません。

 

私のガンについて

何度かご覧になって下さっている方はご存じなのですが、私は4年前に「咽頭がん」から「食道がん」に移行する「多発性がん」が発見されました。

 

オマケに「肺がん」もありまして、発見から3週間するかしないかで抗がん剤が始まり、2クールを経て「食道と下咽頭、全摘出」と、その部分に胃を管にしてつなげる「胃管再生手術」を受けています。

 

また咽頭がんの部分に「小腸」を移植して、喉の中央に「永久気管孔」という穴を形成し、気管と繋げて呼吸をしています。

肺がんは、癌の部分を切り取り右下葉全摘出です。

 

その他にも血管移植や甲状腺摘出や、腸ろうにドレーンなど、もう書きませんが、フランケンシュタインの様な身体ですw

 

後遺症の代表は、「音声機能そう失」という、声帯を摘出した為に 声を失った事。

口から食物を、余り摂取出来ない「摂食障がい」等々。

「声の代り」は「人工喉頭器」という人利器を、喉の部分に当てて話します。

その声が「抑揚のない機械音」なので、ご存じない方は驚かれます。

 

5年生存率は20~25%でしたけど、現在4年目!

今でも前向きに 生きておりますw

再発も 転移もしていません。

そこが一番、大切じゃねヽ(^o^)丿

だからこそ 引きこもっていた時代を、振り返ってみようと思います。同じ気分を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今週からお知らせ

実は、今週からスターマークを取り外しました(*´▽`*)

マンガを描き出してから、もう勿体ないほどスターマークを頂いて、どれだけ励まされたか分かりません!感謝を改めて申し上げます。

 

本当に、ほんとうにありがとうございます。

 

私は、もうずいぶん前から、下記ブログの読者であり、約一カ月ほど前に心臓の手術を受けたはる君の回復を、毎朝毎晩、神棚にお祈りしています。

 

www.calmin.org

 

はる君のママが記されているブログですが、ご家族の祈る様なお気持ちに、心底共感する私は、毎回スターをポチポチと押して、「星に願い」をかけています。

 

出来ましたら、私のブログをご覧になられる方が、私に押してくださるスターの分を、はる君とはる君のご家族にポチポチと、「星に願い」をかけて頂けたらと思いました。

 

どうか はる君が 回復しますように!

※はる君ママ(CALMIN)さん 勝手に言及スイマセン!

 

では、次回は引きこもり状態を考え直すきっかけになった「保険屋さんとのやりとり」をマンガにしてみます。

保険はシビアです。金の切れ目が、生死を分ける??

 

読んでいただいてありがとうございました。

では、また来週(^.^)/~~~

絶望した少女の心に響くよう 懸命に話しかける男性のお話を マンガにしました

高岡ヨシさんの作品をお借りしました

今回は、昨年私が読ませて頂いて甚く感動した物語をお借りして、その言葉をそのまま使用させて頂きました。

言葉を画像にイメージして作成したマンガです。

 

引用元を貼っておきます。

yoshitakaoka.hatenablog.com

 

実は作者の高岡さんは、少しの間ブログを離れるとおっしゃっていて、私の完成作品をご確認して頂いておりません。お忙しそう。゚(゚´Д`゚)゚。

(作品をお借りしてマンガで表現する事は、快く承諾して下さっています)

 

美しい作品に負けないような表現を心がけて、少女と男性の言葉を追って作品にしました。どうか 気に入って下さるように 願っています。

 

詳細については、いつも通り作品の後に記します。

14ページあります。

重たくて携帯では開かないかな?

 

「ちょっと待ってくれないか」

 

f:id:kozikokozirou:20180115123259j:plain

f:id:kozikokozirou:20180115123316j:plain

 

 

f:id:kozikokozirou:20180115123329j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123358j:plain

 

 

f:id:kozikokozirou:20180115123420j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123439j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123457j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123523j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123552j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123605j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123624j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123647j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123709j:plain

 

f:id:kozikokozirou:20180115123729j:plain

 

イラストについて

今回で11作目になるのかな?

私は一度もマンガについて学んだことはなく、若い頃にマンガを読んだ記憶がありますが、この何十年も「育児マンガ」的な本以外のマンガを読んだ事がありませんでした。

 

ですからプロの方や、マンガを学ぶ方には有り得ない表現があるかも知れません。

 

例えば、今回のマンガだけは「すべて手書きでなく、画像の加工を加えています」

2ページ目に「表紙」のような表現がありますが、その背景にあるビル群は、ネット上のNYだかマンハッタンだか?その無料画像をダウンロードして、合成したり加工してモノクロの手書き風にしてあります。

他にも画像を加工した背景を、いくつか使用しています。

 

また学校の校舎のイラストなど数点は、無料で使用できる漫画表現のページからダウンロードしたものを加工して、オリジナル表現にはしてあります。

 

恐らくプロで漫画を描かれている方は、総てオリジナルの手描きでしょうから、画像や無料イラストを加工する作業は、マンガと言わないのかも知れません。

これらは了承して頂けるのもなのでしょうか?

詳しい方からお伺いしたいものです。

 

著作権の侵害はないはずです。(すべてフリー使用を確認の上、加工させてもらいました)もし掲載に問題がある様でしたら削除します。

その他にも、男性が有名な歌手、絵画、素晴らしいDVDを勧めるページがありますが、それらの画像も加工しています。商品名や店名などもありますが、無断使用になるのかな?これもご存じの方、教えてください。

 

芸術性について

少し大げさですが、私は長年、父やおっと~や、おっと~の親戚の方々の芸術作品に触れてきました。

その中で、例えば真っ白い壁を見ながら「きたきたきた~~~~きた~~~~」と言って作品を仕上げる方は、ごく稀です。

殆どの芸術家は、既存の作品や存命もしくは過去の芸術家から、作品のインスピレーションを受けて、それをオリジナルに仕上げていきます。

 

ところが昨今のある特定の方は、平気でそのままを使います。

いわゆるオリンピックのシンボルマークで有名になった「コピー&ペースト」です。

もちろん芸術だけでなく、某ステップ細胞で話題になった方の様に、平気で論文等の文章もそのまま使用します。

 

「うっかり」ではないでしょう!

 

私のマンガは本気の素人ですが、意図的に他人様の作品を自分のモノとする、そういう事が無い様に、しっかり説明する必要があるかと感じました。

 

「ちょっと待ってくれないか」について

私の感性ですが、自殺をしようとする少女が 学生で、今を絶望しているとしたら、やはり14~17歳位の思春期だと感じました。ポニーテールでその表現をしました。

 

また助けようとする男性は、好きな音楽や絵画や、DVDの好みから言うと「30代くらい」かとも思いましたが、その少女をとっさにデートに誘うのですから、これは大学生くらいの男の子にしなければ、マンガとして成り立たないかと思いました。

 

二人の登場人物、特に最後の少女のデッサンを「美しいお顔」にしましたので、現実的だと感じられなかったでしょうか?

 

ですが自殺を求めて殺人が起きる昨今ですから、こういうお話は、夢物語では済まされない現実を感じて頂きたいと思います。

出来れば中学生から高校生くらいの方に、是非読んでいただいて、感想を伺いたいです。それを高岡さんにもお伝えしたいです。

娘はキレイな物語だけど、胸に響くと言ってくれました。

 

今回、出来たらTwitterで共有して頂きたいと思います。リツイート大歓迎です。今までお願いした事は無いですが、学生の方に読んでいただきたくて‥‥

感想をお聞かせくださいwよろしくお願いしますね。

 

ではでは、作品の説明が長くなりました。読んでいただいて心から感謝します。

次回はまた 私の経験したお話にしようと思います。

 

明日は腸ろうのチューブ交換です。

耳鼻咽喉科も検診です。

そうじゃ!わたしゃ、病人じゃった!!!

 

では、また来週(*´ω`*)

本当にありがとうございました。