読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラスト日記 『かあさんは、元気で、癌で、障がい者』

食道がんと咽頭がんと肺がんのお母さんと、家族と育児の闘病生活をイラスト日記にしました

セカンドオピニオンという壁について 4コマ漫画・・・じゃないけど

ちょいと、真面目なお話です。

 

大学病院で診察を終えて、料金の支払い手続きを待っている間の事です。

ふと見ると、入り口横の大きなパネルに

「徴収する診療等に関する料金の額 及びその徴収方法について」

という項目の、いわゆる料金表が目に入りました。

 

もしあなたが「深刻な病気」だと告知されたら

ここであえて「癌」とは言わず、深刻な病気という言葉を使います。

深刻な病気は癌だけではないから・・・

f:id:kozikokozirou:20170427114101j:plain

そいでもって、イラストが大げさで、怖がらせてスイマセンm(__)m

なんか、ホラー風を描いてみたくなって。

 

深刻な病気を告知された時、殆どの方は不安になり、自分の身に起こりうることを想像して恐ろしく感じるなど、様々な負の感情が渦巻くと思います。

(もう一度、イラストがホラー的過ぎました)

 

ご自分の事だけではなく、ご家族や身近な友人等が告知された場合でも、同じように主観的な感情に陥ると思います。

 

しかし逃げてはいられません

f:id:kozikokozirou:20170427114823j:plain

ガラッと、アメコミ風のタッチにしてみました。

 

痛みや症状にもよりますが、殆どの場合は主治医から治療を勧められます。

特に重症化するような病気だと、治療のタイミングや年齢的な進行状況を考えながら、様々な方法を模索しなくてはいけません。

 

手術や副作用の厳しい治療の可能性もあります。

 

それが非常に一般的で、比較的「命に関わらない」のであれば猶予もありますが、そうでない場合は深刻かつ、迅速な判断が求められます。

 

その治療方法で確実か?安心できるか?納得できるか?

例えばですが

主治医とのやり取りに、小さな不安や不満があった場合とか

ちょっと耳にした病院の噂が気になったり

看護婦さんや病院の雰囲気がなんとなく馴染めない・・・

 

それでなくても深刻な病気を告知されて、肉体的にも精神的にも不安定な時に、100%安心なんて事は滅多にありません。

いくらかの確率で、主治医やその治療方法に納得がいかないケースが生じる可能性もあると、頭に入れておいてください。

 

それが多いのか少ないのか、私には分かりませんが、その主治医や病院だけでなく、様々な意見や治療方法を聞いてみたくないでしょうか?

相談してみたくならないでしょうか?

 

f:id:kozikokozirou:20170428084358j:plain

 これまたガラッと、幼児風イラスト

 

セカンドオピニオンという相談

この言葉はよく耳にするものであります。

 

これは二度目の診察とか、別の医師に変更しての治療ではなく、

患者さんにとって最善だと思える治療方法を、患者と主治医との間で判断するために、あえて別の医師(病院)に相談し、意見をきくことです。

診断、治療、検査などさまざまな状況で、患者さん自身が診療を正しく理解し、十分に納得し、安心して診療を受けることができる様に、その機会を設けているのです。

 

前提として、患者と主治医の関係は変わらず、あくまで別の医師による相談です。

 

こう聞けば

「おぉぉぉ~~そりゃぁ~そうじゃ!

別の病院の先生にも相談したら、もっといい治療を紹介してくれるかもしれんど~」

と思われるかもしれませんが、そんな甘いもんじゃない!

 

現実的な問題としては(一例として)

セカドオピニオンを正しく理解していない医師や、プライドの高い病院内部が、セカンドオピニオンを取得したいと申し出た患者さんに対して、転院や転医を薦める場合があるそうです。患者としてみれば、そうした医師と共に、今後の検査や治療を続けていけるのかどうか?吟味する必要もありそうです。

 

実際に料金を見てしまうと、無理難題

保険がきかないので全額負担とは知っていましたが、ここまでとは知らなかった!

 

我が大学病院のセカンドオピニオン外来相談料は、 30分(1単位)につき 21,000円だそうです。プラスして初診料がいくら、紹介状があればいくらで、紹介状がなければ高くていくら・・・

 

f:id:kozikokozirou:20170427125626j:plain

イラストはちょっと分かり易く変更しましたけど、たかっ!

 

お医者さんはお医者さん側で、モノ申したいことがあるでしょうし、ドクターショッピングなんて言葉も聞かれます。

 

※診療時間以外の時間に、緊急の受診の必要性はないが、患者が自己の都合により診察を希望し、受診した場合の診察料  10,800円

なんていう「我がまま許さんで!」料金もありました(笑)

 

 

それにしても、30分で何が話せるというのでしょう。

どれだけの方が支払い能力があるのか?

病院側の「建前」と「本音」は別なのか?

 

 

他にも関係はありませんが

がんの遺伝子カウンセリングが、1時間まで10800円とか、OncoPrime がん遺伝子検査  説明料 42,000 円とか、検査料 が1回につき 1,012,000 円など等。

がん遺伝子検査は、アンジェリーナジョリーさんで聞いたことがある程度ですが、100万超える治療を受けられる方が、いったいどれだけいることやら。

 

病院の入り口に、命の値段が記してあるようで、気分が沈みました。

値段みて、我が病院の方針を知れ・・・ですかね。

そんなお話でした。

 

 

お読みいただいてありがとうございます。

ブックマークやコメントを頂いて

感謝ばかりです。

ホントです!

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ

下咽頭がなくてもむせ返る事があるそうです。 眠れる内視鏡の目覚め 4コマ漫画

昨日は内視鏡の検査でした

月曜日でしたから、大変な人でした。

 

私は下咽頭や気管が喉元にありませんから、内視鏡が入っても嘔吐したりむせ返る様な事はないと思っていました。

ところが看護婦さんから

「健常者と同じように、やっぱり喉元を内視鏡が通る時には、違和感から嘔吐や咳が出てしまう」と教えていただきました。

 

※気管に物が詰まった感覚があると、通常は咳で押し出します。

しかし私の場合は、気管が首元に再建されていて、完全に食べ物の通り道とは分離されています。

ですから咳が出たところで、詰まった物を取る為の効果はないのですが、本能というのでしょうか?むせ返って咳が出ます。

詰まりを取るには、水や食べ物で流し込むしかありません。

時にはいつまでも咳が出て苦しいです。

誤嚥はありませんので、誤嚥性肺炎は防げます※

 

と言う訳で、内視鏡検査の間は麻酔で寝かせて頂きました。

あっという間によく寝ました。

 

麻酔が覚めるまでの状態

麻酔が覚めるまでの間は、ナースステーションに並べてある簡易ベッドで休みます。

私以外に内視鏡を受けた方々もお休みです。

カーテン一枚で区切られた小さなスペースです。

 

寝ているところを・・・

f:id:kozikokozirou:20170425141610j:plain

 ん?!

 

f:id:kozikokozirou:20170425141624j:plain

 う~ん!!

 

f:id:kozikokozirou:20170425141633j:plain

 えぇぇ~なにぃ?

 

f:id:kozikokozirou:20170425141648j:plain

うるせぇよ!!!

隣のおやじの いびき!!

携帯なくした じいちゃん!

せんせい!電話出ろや!!

 

こんな感じ(笑)

何回やっても目覚めが悪い!

 

内視鏡の結果は、パーフェクト!

繋いだ腸と胃が、綺麗にくっついていました!

ピンク色で問題はないそうです。

ただ、胃の大きさは「ラップの芯」より細い管でした。

これじゃ、食べれんわ(´;ω;`)

 

先生と腸ろうを止めるタイミングを相談しましたが、もう一生腸ろうで良い!という私に、先生は「断じて取る!」そうです。

(他人事のような私!おっと~が傍で泣いとる)

水分摂取が十分でないので、汗をかく夏を終わって4年目に突入する頃には外したい・・・という目標です。。。

 

しかし、検査も続きます

まだ何とも言えませんが、肺が痛むと記していた症状を先生に相談すると、肺ではなく「循環器」の問題かもしれないとのことです。

 

胸や背中が「時々」ではなく「ごくほんのたまに」で縛り付けられるような痛みがあります。手もしびれたような感覚があります。

30分くらいでケロッと直るのですが、用心のために、明日から循環器科へ検査に行きます。おっと~がすがる様な目で私を見ます。

 

わかったよ!行きます!

行きゃぁいいんでしょ!!

 

という事で、ご心配をなさらないように(*´▽`*)

血液検査もアルプミンが低すぎる以外は良好です。

 

病院通いもまた楽し!

そういえば病院の帰りに、息子と可愛い彼女に会ってきました(#^^#)

お米を山盛り、ドーナツとカップ麺と粋な日本酒もプレゼント~

 

またこの時期ですから、大学病院では新米先生やインターンの方々が沢山いらっしゃいました。緊張されて、思わず笑ったお話など、またブログの話題にしますね。

 

 

読んでいただく皆様に、いつも感謝をしています。

本当にありがとうございます。

私の毎日に楽しみを頂いています。

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ  にほんブログ村 病気ブログ 咽頭がんへ